雷電トンネル旧道(国道229号線旧道) 概要・歴史

雷電トンネル旧道は、北海道岩内郡岩内町にある現在の国道229号線・雷電トンネルより海よりを通っていた旧道。

コンクリートの洞門が残っているが、内部で封鎖されている。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

雷電トンネル旧道(国道229号線旧道) 住所

北海道岩内郡岩内町敷島内

雷電トンネル旧道(国道229号線旧道) 種類

廃道

雷電トンネル旧道(国道229号線旧道) 関連ブログ・参考リンク

第1回 国道229号 雷電国道・第1部「雷電トンネル旧道」イントロ
http://ameblo.jp/roadjapan/entry-10281976946.html
2009年6月17日 noganaのRoadJapan 日本の道路、昭和の旧道を巡る旅の記事、第1回 国道229号 雷電国道・第1部「雷電トンネル旧道」イントロです。 Road Japanでは、主に「旧道、廃 道」となった「昭和の道路」を巡る旅を、写真を中心に紹介しています。 . 海岸線が開通 して西の河原の景色に感...
秋深まれど、思索の道に迷い込み なかなか前へ進まない (北海道プー
http://longred-crow.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/2013-vol5-be82.html
大雪山国立公園 層雲峡神削岩付近 大函~小函の旧国道39号を利用した遊歩道 現在は遊歩道も立入禁止となり完全に廃道化した. Aug. 7 1986 Canon Snapy かつての国道39号は、石狩川沿いに柱状節理の大岩壁直下を通っていた。

ピックアップ廃墟