奥米隧道

奥米隧道は、千葉県君津市にある隧道。

現在も通行可能だが、一つの隧道を後から二つに分断したものとして有名。

心霊スポットとして知られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

奥米隧道 住所

千葉県君津市奥米

奥米隧道 種類

廃隧道

奥米隧道 画像

奥米隧道 写真・ブログ・リポート

隧道道 房総半島(33)
http://zuidou.blog31.fc2.com/blog-entry-166.html
その「名無し隧道の名称」とは、「おくごめずいどう」。えっ???行きで一番最初にくぐった隧道が「奥米隧道」だったぞ・・・。帰り道ではこの隧道が「おくごめずいどう」になっている。二つの隧道が同じ名称だ。ということは・・・。
千葉県心霊スポット 奥米隧道
http://www.occult-web.com/walk/kanto/chiba/chiba06.html
前回ご紹介しました「香木原トンネル群」を抜け、一路帰路に付いてると・・・・ 三島湖方面に向かうと、最後のトンネルが私を迎えてくれました。 残念ながら当地の噂も未収集です。何かしらの噂が在っても良いような雰囲気のトンネルです。 昭和30年3月施工
駆けぬけろ800m!! - Weekend ハイウェイ(廃道) Expedition - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/sk2phoenix/12293094.html
突如目の前に現れた香ばしい看板。。。 看板によるとこの先一般車輌は通行禁止との事。 これは行ってみるしかない!!
隧道道 房総半島(32)
http://zuidou.blog31.fc2.com/blog-entry-165.html
奥米台隧道から、三島湖畔に戻ります。その謎とは、帰り道で見た隧道の扁額にありました。上の写真は、帰り道での奥米台隧道坑口。行きの行程は、距離の短い奥米隧道(房総半島(23)参照)→距離が長く、横穴のあった名の無い隧道(房総半島(24)参照)→奥米台隧道でした。帰り道は、その逆をたど...
隧道道 奥米の川廻し(1)
http://zuidou.blog31.fc2.com/blog-entry-507.html
2012年8月31日 隧道道. 隧道をはじめ、趣のあるものをお知らせします。 内で埋もれた自転車。 (なお 、奥米隧道や奥米台隧道についてもっと知りたい方は、“こちら”をご覧くださいませ。) . 様々な廃道・隧道を人間技とは思えない行動力で踏破されてます。
隧道道 奥米の川廻し(2)
http://zuidou.blog31.fc2.com/blog-entry-508.html
2012年9月8日 奥米の川廻し(2). kawamawa108.jpg さぁ、目的の川 なお奥米川廻し探索の模様 はDAiN氏ブログでも絶好調放映中! “ここ”をクリック!) 様々な廃道・隧道を人間技 とは思えない行動力で踏破されてます。 険酷隧に魅せられて・・・。
miyako-project 奥米トンネル
http://miyapro.blog58.fc2.com/blog-entry-10.html
三島湖には以前、記事で書いたとおり90度の折れたトンネルがあったり、奥米台トンネルでは廃トンネルがあったりと1日では冒険しきれない場所です。探検場所としても静かでいい場所です。 探索日:平成23年1月4日. FC2 Management.
奥米トンネル(1)
http://www.k4.dion.ne.jp/~sinrei/okugometunnel1.html
千葉県君津市にある三島ダムに異様な雰囲気を持っているという噂のあるトンネルがある。 トンネルの名前は「奥米トンネル」という。 霊的な噂はあまり聞かないが、夜間のトンネル内の雰囲気が怖いという理由からか、心霊スポットとして地元では名の知れた場所 

奥米隧道 キーワード

2本