深見隧道

深見隧道は京都府京都市右京区と南丹市の間にある隧道。1946年竣工、延長538m。現在の国道162号深見トンネルの旧道に位置する。2001年9月の深見トンネル完成により廃道化した。

旧道は封鎖されており、トンネル内部にも障害がある。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

深見隧道 住所

京都府京都市右京区京北上弓削町

深見隧道 種類

廃隧道

深見隧道 写真・ブログ・リポート

第2次京都遠征第6弾 深見隧道 後編 - この道往けば - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/rin7574/10824230.html
ドクン・・・ 前編 最後のこの場所。 僕はこの時心臓が高鳴ったのをよく覚えています。 廃隧道との巡り合いではいつも多かれ少なかれドキドキするもんですが、このファーストインパクトは強烈でした。 白線1本隔てた生と死の世界。 それがこれ 
終の棲家 a taste of life : 朝来市の産業遺産 その2 神小畑選鉱所 生野銀山
http://fugaku2.blog74.fc2.com/blog-entry-1174.html
生野銀山は佐渡の金、岩見の銀と並ぶ江戸幕府の最重要拠点だった。明治維新後、政府直轄の鉱山として皇室の管轄下に置かれていたが、明治29年に三菱に払い下げられた。その為門柱に菊の ダム湖の真ん中に神社がある。満水に近いので下にある小島が隠れている。 関連記事. 朝来市の産業遺産 その2 ...
第2次京都遠征第6弾 深見隧道 前編 - この道往けば - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/rin7574/10806177.html
いよいよやってまいりました! 丹波高地最大の廃物件。 以前から行きたいと願い続けて、ようやくその機会を得たこの場所。 深見隧道(ふかみずいどう) 国道の廃隧道としては京都府内で最もメジャーなものではないでしょうか。 しかし意外なことに、僕は この道往けば. 福井県を中心とした。酷道、...
【写真】廃道ダンボー遊び じゃこうねずみのブログ
http://jyakou.blog61.fc2.com/blog-entry-547.html
【写真】廃道ダンボー遊び. じゃこうねずみのブログ. 【写真】廃道ダンボー遊び. 国道162号線・深見トンネルの旧道に行ってきたのですが、 いい雰囲気な場所だったのでダンボーの撮影もしてきました。
道行く路 - 旧道・廃道 [深見隧道] - 歩道橋 -Pedestrian Bridge
http://pedestrianbridge.kilo.jp/Road/Fukami.html
今は忘れられ、使われなくなってしまった深見隧道を紹介する道路サイト。
深見隧道(向洛洞) ドライブ&ツーリングのネタ帳ORR]
http://www.henari1.jp/Z-26-004.htm
ORRの道路調査報告書:全国の廃道・隧道・酷道・旧道・林道を個人が実走調査したレビュー 大型車の内部離合が厳しかったとは言え交通量極少の国道に立派な新トンネルが造られた背景には深見隧道の危険性があったのかも知れない。扁額には向洛洞と 
【右京区】深見トンネル旧道(深見隧道) - 北摂ひっそり
http://nekotani.blog.fc2.com/blog-entry-351.html
国道162号線の深見トンネルの旧道です。旧道自体は完全に廃道でもう通行できないのですが、ここを通らないと丹波広域基幹林道の深見大布施線の起点に行けません。不気味な廃トンネルや旧道の旧道など、何とも言えない雰囲気のところ 
お気楽アルプ日記 vol.2 : 深見隧道 - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/danke_323/archives/1693008.html
使えばいいのにーって思ったけど、「美山町」になっている。 今は南丹市なんよ(・o・) なぜかお鍋とかある(;・∀・) 深見隧道へ突撃 なんで倒れたのだろうね?木。 DSCF6606 やってきましたー!深見隧道。 向こうの明かりが見えないが?
怪道?快道!街道を走る(国道162号旧深見トンネルを偲ぶ~『廃道を
http://chifudo.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-6314.html
さて、久しぶりに熱くさせてくれるネタに遭遇です! 廃道をゆくシリーズが既にVol.4まで刊行されていたとは知りませんでした。 ネットで用事をしていたら偶然に存在を知ったという訳です。 Vol.4の表紙に大きく写る162の数字が入った横たわる