旧椿隧道は福岡県北九州市門司区黒川にある廃隧道。 1922(大正11)年竣工。延長81.0m、幅員3.40m。...

旧椿隧道

旧椿隧道 概要・歴史

旧椿隧道は福岡県北九州市門司区黒川にある廃隧道。 1922(大正11)年竣工。延長81.0m、幅員3.40m。...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

旧椿隧道 関連ブログ・参考リンク

http://tecroad.web.fc2.com/kyuutsubaki05.html
椿、石塚隧道及び、周囲の県道の改修、石灰石鉱山の進展、自動車の推移を解った 範囲で・・ 門司自動車KK.、丸山自動車KK.他1社の計4社?) ○昭和5年4月、恒見 自動車KK.、井ノ浦に新設、バス3台で小倉と同地区の間に ゼンリン調査員は廃道者 か?
http://tecroad.web.fc2.com/kyuutsubaki04.html
2009年1月19日 なんの因果か、仕事で北九州の門司にて廃隧道を発見して7年が過ぎた。 門司の椿 隧道の旧隧道の存在をご存じですか?」 山形の廃道さまが提供する隧道野郎御用達 のあのリストにも「椿隧道」の
http://tecroad.web.fc2.com/kyuutsubaki01.html
2009年1月8日 旧椿隧道発見記 その1. ■世紀末の出来事■. 1999年7の月、 北九州の道路 トンネルを点検して来い。」 ミレニアムを迎え、トンネル点検ブームは ちなみにこのとき まだ僕は「廃道者」ではない。 ←特設ステージTOPへ ・ トップへ ・ 戻る
http://www.tunnelweb.jp/kyushu/40fukuoka/kendo/25tsubaki.htm
延長, 椿隧道, 383.0m ここも桜トンネルと同様旧トンネルを改修した椿トンネルと 新しく建設した新椿トンネルがあるのだが,新椿トンネルの方が優に100mは長いと思う の で,椿トンネルの方の上部には桜隧道と同じく初代隧道が廃道となって残っている 。
http://www.tunnelweb.jp/kyushu/40fukuoka/ob-road/tsubaki.html
椿隧道への入り口へは車の後ろへ続いている山道を少し入ったところから椿トンネルの 上へ降り
http://nonbiri.boo.jp/tabikiroku082.html
トンネルがありました 旧 椿隧道. 入り口は煉瓦積み。 中の方は素掘りってヤツです。 先 を行くのはたれぞ~君. 反対側へ出たところ チョメさんの後姿. またまた藪を掻き分けて 進みます。 崖を落ちるようにして、今の道へ戻りました。 自転車のところへ戻るのが大変
http://tecroad.web.fc2.com/kyuutsubaki03.html
2009年1月14日 旧椿隧道発見記 その3. □彼は待っていた□. 謎の第三の椿隧道を求めて(いや、 あまり求めてはいなかったが)、 . 当時まだ「廃隧道」とかに今ほど興味を持ってい なかった僕ですら
http://expx.web.fc2.com/tankenspot/tsubakizuidou/tsubakizuidou_3.html
黒川と柄杓田間にある椿トンネル。 その上に旧椿隧道が眠っている事を知っている人はどれだけいるだろうか? taiheiさんのサイト 『tunnel web』の掲示板で話題にしたところ、貴重な情報が寄せられた。 柄杓田側に向かって。
http://kitaqheritage.blog.fc2.com/blog-entry-22.html
県道25号線。通称門司行橋線と呼ばれる道路は、北九州市門司区を起点に築上町、もっと解りやすく言えば関門トンネルから航空自衛隊築城基地の辺りまでを結