七三峠のトンネル(若者の家) 概要・歴史

七三峠のトンネルは兵庫県神戸市にある廃隧道。中央区、兵庫区、北区の境にある極楽林道・七三峠に位置する。

この奥には神戸市立「若者の家」と入所更生施設「ひふみ園」があったが、2006年頃に解体されたらしい。

大正年間には知的障害の子ども達の施設「竹馬学園」があり、戦時中には「兵庫抑留所」として利用されていたという。

心霊スポットとも言われる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

七三峠のトンネル(若者の家) 住所

兵庫県神戸市兵庫区平野町

七三峠のトンネル(若者の家) 種類

廃道

七三峠のトンネル(若者の家) スポット

七三峠のトンネル(若者の家) 関連ブログ・参考リンク

(仮)七三峠トンネル by.くるまみち
http://sputoyo877.com/hitisan.html
封鎖されています。 高さ2.2m、幅は車1台分でしょうか。遊歩道並の狭さですねえ。 普通にそんな古さを感じないトンネルです。

ピックアップ廃墟