八千代炭鉱(八千代炭礦)は北海道厚岸郡厚岸町にあった炭鉱。 917(大正6)年開坑。1918(大正7)年頃...

八千代炭鉱

八千代炭鉱 概要・歴史

八千代炭鉱(八千代炭礦)は北海道厚岸郡厚岸町にあった炭鉱。 917(大正6)年開坑。1918(大正7)年頃...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

八千代炭鉱 ストリートビュー・空中写真

八千代炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-471.html
上尾幌炭鉱群1917(大正6)年、官設鉄道の釧路~厚岸間開通を機に旭炭鉱・八千代炭鉱が開坑。翌大正7年には後に青葉炭鉱となる尾幌炭鉱の試掘が開始、小さな炭鉱が続々と造られる。昭和に入り、満州事変に始まる戦争の拡大によって、軍需産業は刺激され好景気に。上尾幌は全
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-518.html
やはりここには、大きな遺構は無さそうだった。これは『八千代炭礦導水施設』だそうだ。近寄って見ようと思ったが、ここの向こう側から何かの動物の咆哮が聞こえたのでやめた。この時期は鹿撃ちの時期でもあり、熊だって居るかも知れない。鹿の居るところに熊は居ないと言われるが
http://tansakunoato.blog.fc2.com/blog-entry-517.html
上尾幌八千代炭礦(?)跡今回もマイナーな炭鉱跡、地味なローカル情報だが、同じ趣味の方にとって参考になればと思う。厚岸町の炭鉱として紹介されている資料によると、ここは『八千代炭礦選炭場』。奥に見える黒い山は、ズリ山のようだ。選炭場の面影は無いが、手前の広い土地が
http://moritocoa.exblog.jp/9414272
1930(昭和15)年頃の厚岸町上尾幌地区には4つの炭鉱があり、地域人口が約3800人。ほかの産炭地同様に賑わいを持っていたが、その後歩んだ道はほかの炭鉱と同じであった。採炭については買収や譲渡が繰り返され、経営会社・名称の変化も多い。また太平洋炭鉱(現・釧路
http://jm-hokkaido.sakura.ne.jp/h-yatiyo.html
ここに八千代炭鉱が在ったのではないだろうか?(昭和32年(1957年)閉山だから遺構が残っていないのは当然でしょうけど)。さらに3キロほど進むと不自然な笹原と幼木の広がるかなり広い平地がある(10)。こちらが炭鉱跡なのか?。住宅が広がっていたのでしょうか?。た
https://minkara.carview.co.jp/userid/2674137/blog/39929826/
今回は上尾幌の八千代炭鉱跡地へ行くことにしました。が、何故かゲートが閉まってます。原因は不法投棄のようで、許すまじ不法投棄!仕方がないので引き返し、近くにある八千代林道へ行ってみることに。この踏切を越えても民家しかなく立入禁止にもなっているので分岐を左に。フラ
https://moritocoa.exblog.jp/9414272/
2008年04月28,30日・北海道厚岸郡厚岸町大字苫多村消えてもなお存在する北の大地の記憶●CanonEOS40D EF-S10-22mm1:3.5-4.5◇◇◇◇◇1930(昭和15)年頃の厚岸町上尾幌地区には4つの炭鉱があり、地域人口が約3800人。ほか