蔭の沢鉱山北海道登別市鉱山町にあった鉱山。 明治末期から大正初めにかけて銅の採掘が行われていたら...

蔭の沢鉱山

蔭の沢鉱山 概要・歴史

蔭の沢鉱山北海道登別市鉱山町にあった鉱山。 明治末期から大正初めにかけて銅の採掘が行われていたら...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

蔭の沢鉱山 ストリートビュー・空中写真

蔭の沢鉱山 関連ブログ・参考リンク

http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-349.html
登別市鉱山町は、何度も探険してきたいわゆるお得意様である。旭鉱跡や岩ヶ崎坑、川又温泉、不動尊・聖の滝など攻略してきたが唯一未踏なのが「蔭の沢鉱山」、昨年10月に単独探険してみた。果たして結果は?、(下記の画像はイメージです)探険記の前に登別市関連の記事などもど
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top430.html
蔭ノ沢鉱山で鹿を撃つ北海道登別市この地域は昔から金属鉱床地帯として注目されてきた。すでに明治の末期には金・銀鉱山として探鉱され、やがては銅山として栄えた。本鉱山にはかつて9箇所の坑口があった。雪解けの時期に山深くを歩いてみた。そこには思わぬ出会いがあった。鹿・
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kitanohosomiti/top431.html
ハンターとの出会い蔭ノ沢鉱山が本格的に採掘され始めたのは、昭和15年からで、毎月50tを国富鉱山へ売鉱していた。昭和25年には坑道延長を繰り返し、採掘量は15~20t/月となっていた。幌別ダムは非常に海に近いアース型ダムだ。雪解けは進み放流されている。天端(て
http://www.noboribetsu.ed.jp/~iinkai/020/004/019.htm
蔭の沢鉱山跡指定記念物・史跡所在地登別市鉱山町2番地説明この鉱山は鉱山町に向かう途中にあり、明治末期から大正初めにかけて銅の採掘が行われていたようですが、はっきりしたことは分かっていません。昭和12年になって飯野某が鉱業権を設定し、翌年松本鉱業所が鉱業権譲り受
http://blogs.yahoo.co.jp/kitanosiroutosyasinka/58857186.html
登別市鉱山町ではその名のとおり明治末期から昭和30年代まで金、銀、銅、硫黄などの採掘が行われていた。幌別市街地から鉱山町に向かい最初に見えて来るのが蔭の沢鉱山跡。銅などの採掘が行われていたらしいが、採算がとれるほど豊かな鉱脈ではなかったらしい。だが、このあたり