飛島炭鉱は長崎県松浦市の飛島にあった炭鉱。 江戸時代から採炭が行われていたらしが、昭和期に入って...

飛島炭鉱

飛島炭鉱 概要・歴史

飛島炭鉱は長崎県松浦市の飛島にあった炭鉱。 江戸時代から採炭が行われていたらしが、昭和期に入って...
この物件のオリジナル画像をご提供頂ける方は、ぜひこちらよりご連絡下さい

近くのスポット

飛島炭鉱 ストリートビュー・空中写真

飛島炭鉱 関連ブログ・参考リンク

http://allxa.web.fc2.com/archi/industry/coalmine/tobishima/index.html
佐賀県の伊万里港はかつて唐津炭田の石炭積出港として栄えた。向山炭鉱はその当時のほぼ唯一の遺構である。ところで、伊万里湾の外側に浮かぶ島々にも炭鉱があり、よく知られているのは福島の徳義炭鉱だが、その西に浮かぶ飛島という小さな島にも炭鉱があった。飛島は行政上は長崎
http://allxa.web.fc2.com/archi/danchi/tanju/tobishima03.html
現在の飛島は漁業の島で、漁港の周囲に小規模な集落がある。人口は100人未満だろう。炭鉱住宅はほとんど解体されているが、漁港から炭鉱遺構へ向かう途中の集落のはずれに、炭住と思われる木造長屋が何棟か残っている。データ住所:長崎県松浦市今福町飛島免撮影:2010(平
http://blog.goo.ne.jp/peugeotamu/e/cd24e7b78b5ff6734a315d8bfc79f18f
飛島は周囲約5.9kmの島で、島民の方に聞いたところはっきりとしないのですが人口は50人前後。炭鉱自体は1950年に開坑、1969年閉山したそうです。松浦市今福から同市鷹島までフェリーが出ておりますが、その途中で寄港しますので、それを利用して渡ります。想像より
http://blog.goo.ne.jp/peugeotamu/e/f43edc1d08d7187c800f8bece97e54d7
順調に遺構を見て回り余裕をかましていた私。朝ごはんを食べておらず、また乗船前に食料を買うことを忘れていたので、港に行けば何か売っているかも、なんて思いつつ、今度は港に戻るためにボタ山の東側を円を描くように海岸線に沿って歩いていきました。天気も少しずつ回復してき
http://hayabusa-3.dreamlog.jp/archives/51290811.html
「近くて、遠い島」・・・それが飛島(とびしま)炭鉱のあった松浦市今福町、飛島です。松浦市今福港からはこんなにも近くに見えるのですが、フェリーの便数が少ないため、そうやすやすと行ける場所ではありません。しかし、だからこそ、行ってみたくなるものです。フェリーは今福
http://kyuragi2011.blog.fc2.com/blog-entry-171.html
長崎県松浦市今福町飛島。周囲約2kmの小さな離島に、かつての炭鉱の夢の跡を見学しにフェリーで訪れてみる。上田鉱業飛島炭鉱積出港編はこちら積出港にある2つの桟橋のうち、南側の桟橋には地下を通るトンネルが接続されている。他にも2つ、計3つの地下トンネルが確認できる
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11518625875.html
松浦市探索の最後はやっぱりこの炭鉱(昭和49年の航空写真)飛島炭鉱です飛島は、周囲約2kmの広さなので徒歩で探索しても問題ありませんフェリーに飛び乗り島に渡りますフェリーで近づくと、もうすでに特徴的なボタ山が見えます飛島に着くと、フェリーに同乗していた方が、「
https://forbiddenkyushu.wordpress.com/2010/04/01/飛島炭鉱-日本一小さな炭鉱の島-1950-1969/
対岸の福島町からボタ山がはっきりと見える島、「飛島」は、日本一小さな炭鉱の遺構が存在しています。福島町から見るボタ山と港周辺の集落。行ってみてわかったことは、島に自動販売機がないってこと。今福港からフェリーに乗り、飛島へと渡りました。ちなみに渡航は昨年の9月、
http://matsuurafukuoka.blog88.fc2.com/blog-entry-240.html
飛島炭鉱遺構編です。松浦市にも、昭和40年代まで炭鉱がありました。飛島では、江戸時代後期から採炭が開始されていたそうで、昭和30年代には2,000人を超える人がこの小さな島で暮らしていたとのこと。さぞかし賑わっていたことでしょう。しかし、昭和44年の閉山ととも
http://www10.tok2.com/home2/kurodaiya/kyushu-html/tobisima/tobisima-1.html
飛島炭鉱今もはっきりと姿を残す飛島炭鉱のズリ山(対岸より撮影)。飛島炭鉱は「日本一小さな炭鉱」と言われていたとか。飛島と松浦市を結ぶフェリー。飛島は日本一小さな炭鉱が消えた後、日本一小さな有人島になった。島唯一の民宿。島内には小さな売店らしきものが一軒あるだけ
http://tsuruhashi9630.blog.fc2.com/blog-entry-31.html
http://miracetus.blogspot.jp/2013/05/1_25.html
福島につづいてまたもや炭鉱の島、飛島。こちらは陸路では行けないので船で渡りました。鷹島の殿ノ浦港からこの船でわたります連休中にもかかわらず客室は空っぽこのあと数組乗客が入ってきました飛島港着周囲4キロほどの小さな島集落は港周辺にしかなくて、寂れた漁村といった感
http://blogs.yahoo.co.jp/ricekomine/63921921.html
1分も歩けば空き家になった廃屋がゴロゴロ。炭鉱住宅なのか?漁業用の小屋なのか?定かじゃないけど。。。更に10分程歩くと、石炭の積み出し用の桟橋と送炭線の支柱が。僅か40分程の時間しか無いので、時計見ながらギリギリまで居て、港に戻ると既に帰りのフェリーが港に入る
飛島炭鉱 関連ワード
  • 0.5km2
  • 5.9km
  • しま
  • とび
  • 今福
  • 住所
  • 周囲
  • 平戸諸島
  • 松浦市
  • 長崎県
  • 面積
  • 飛島
  • 飛島炭鉱跡