徳義炭鉱 概要・歴史

徳義炭鉱は長崎県松浦市福島町にあった炭鉱。

1941(昭和16)年に開坑、1944(昭和19)年に出炭開始。

昭和30年代になり、坑内合理化のために福島炭鉱と海底坑道の接続を図り、坑口集約化が完了した1961(昭和36)年をもって徳義炭鉱は閉山した。福島炭鉱も1972(昭和47)年に閉山。

海に突き出した徳義炭鉱桟橋跡が印象的な遺構として残る。付近には関連と見られるレンガ建物、クレーンベースらしい金属遺構、ホッパーらしきコンクリート遺構なども確認できる。

事務所跡はグラウンドになっており遺構は見られない。

状態
2019年03月22日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

徳義炭鉱 住所

長崎県松浦市福島町浅谷免

徳義炭鉱 種類

廃鉱・採石場跡

徳義炭鉱 画像・写真

徳義炭鉱

徳義炭鉱 ストリートビュー・空中写真

徳義炭鉱 スポット

徳義炭鉱 関連ブログ・参考リンク

九州の近代化遺産「徳義炭鉱」 by イシカワ [長崎県] : 八画文化会館
http://hakkaku-culture.info/webmagazine/000343.php
長崎県と佐賀県のはざまにある福島(陸地が近いけれど立派な島です)にある徳義炭鉱を見に行ってきました。佐賀県の有名廃墟、伊万里造船所を眺めたあと、伊万里湾をぐるっと取り囲む国道204号線をそのまま反時計まわりに走り、福島大橋を渡ると島に到着します
中興 鉱業(株) 徳義 炭鉱|inherit mine history
http://ameblo.jp/gmgwwmd0/entry-11517935215.html
伊万里市側から長崎県探索を開始します松浦市の北東部にある福島町に向かいます島の西側にあった、徳義炭鉱を探索します(昭和49年の航空写真)綺麗な硬山とポケット桟橋、事務所や坑口位置には、建物らしきものが確認できる
まつろの国の風土記: 徳義炭鉱
http://miracetus.blogspot.jp/2013/05/blog-post_11.html
長崎県松浦市福島に残る炭鉱の痕跡。福島には3つの炭鉱があったようだけど、そのうち福島炭鉱跡地は現在LPG基地になっており遺構の残存は絶望的と思われる。徳義炭鉱と鯛の鼻炭鉱は遺構を確認できたのでそれについて。鯛の鼻のほうは次回にでも。
ALL-A[徳義炭鉱]
http://allxa.web.fc2.com/archi/industry/coalmine/tokuyoshi.html
福島は九州北西部の伊万里湾の外側に浮かぶ島である。島内に露頭があったので石炭の存在は古くから知られており、採炭は江戸時代には始まっていた。主に家庭用や煮干の加工用、そして伊万里の窯業向けに使用されていたという。明治〜昭和時代における島内の主な炭鉱は、北部の鯛之
フクダジマ探検記 徳義炭鉱
http://kyuragi2011.blog.fc2.com/blog-entry-231.html
長崎県松浦市福島町浅谷免鯛ノ鼻、福島といった中興鉱業の大きな炭鉱が稼働した福島。1958年当時13.6億円をかけて建設された福島炭鉱のワインディングタワーは中興鉱業の繁栄を象徴するものとなっていたが残念ながら撤去済。徳義炭鉱も多くの設備が撤去されているが、のこ
福島 徳義炭鉱跡 | 手前味噌 ~食の旅人~
http://milkkids.blog.fc2.com/blog-entry-755.html
こんなタイトルを書くとお〜〜廃鉱マニアって思われますが実は長崎県松浦市福島町には土谷(どや)の棚田という有名な夕日がきれいな棚田がありそこに行く途

ピックアップ廃墟