赤谷鉱山、赤谷鉱山軌道 概要・歴史

赤谷鉱山(あかだにこうざん)は新潟県新発田市の鉱山。加治川上流に位置し、鉄鉱石のほかに石灰石を産出した。飯豊鉱山とも呼ばれる。

江戸時代に発見されたという。

近代に入り、1899(明治32)年に官営八幡製鐵所の所有となり開発が進められるが、1904(明治36)年に中断。

大正期には赤谷の再開発のために新発田駅 - 赤谷鉄山間に鉄道が敷設されたが、第一次大戦終結後の不況により中断。鉄道は国鉄に無償譲渡され、新発田 - 赤谷間は赤谷線として開通した。

昭和に入り、1936(昭和11)年から日曹鉱業飯豊鉱山が銅山として開発、1938(昭和13)年から日本製鐵が赤谷鉄山の開発に着手。1939(昭和14)年に設立された日鉄鉱業が継承した。

1941(昭和16)年4月に赤谷鉄山は採掘を開始。各坑口(簀立沢、水無、源兵エ野巣、場割澤)と袖上平の間に索道を設置、袖上平(赤谷鉄山) - 東赤谷間に日鉄鉱業赤谷鉱山専用線を敷設、赤谷 - 東赤谷間は国鉄が延長された。

当地は豪雪地帯で、冬季の輸送ができなかった。戦後、1955(昭和30)年より日鉄鉱業赤谷鉱山専用線全線にスノーシェッドとトンネルが設けられ、蒸気から電気に転換された。

日鉄鉱業所は1977(昭和52)年に閉山、赤谷鉱産に引き継がれ終焉した。

鉱山としての規模は大きくないが、積み込み施設跡、日鉄鉱業赤谷鉱山専用線の飯豊川橋梁跡、隧道跡などが残る。

また、廃施設ではないが、新潟県道335号線を加治川冶水ダム方面途中で美しい隧道群、スノーシェードを見ることができる。

状態
2019年06月13日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

赤谷鉱山、赤谷鉱山軌道 住所

新潟県新発田市滝谷

赤谷鉱山、赤谷鉱山軌道 種類

廃鉱・採石場跡

赤谷鉱山、赤谷鉱山軌道 ストリートビュー・空中写真

赤谷鉱山、赤谷鉱山軌道 スポット

赤谷鉱山、赤谷鉱山軌道 ブログ・リポート

REPORT - 034 赤谷鉱山軌道|6Frogs - 毎日をデザインで考える
http://ameblo.jp/6blogs/entry-10586968933.html
2010年7月10日 新潟県│赤谷鉱山軌道(赤谷鉱山/飯豊鉱山). 滅びの美学 [ 廃墟
赤谷鉱山
赤谷鉱山▲ 404?
http://www.miharu-e.co.jp/ja7fyg/kouzan/akatani/akatani.html
赤谷鉱山は、スカルン鉱床で主に昔は赤谷銅山その後は鉄鉱石を採掘した鉱山です。 現在は、石灰石(タンカル)を小規模で採掘しています。 昔行った時は、選鉱場も稼動し ていましたが、その当時に比べ大きく変ってしまった、. 鉱山から選鉱場下に引かれてい
自然砒(金米糖)
http://www.geocities.jp/fcxxk062/akatanikouzann.html
自然砒(金米糖石)で有名な赤谷鉱山跡. 赤谷鉱山は明治時代にアンチモン鉱山として 開発されましたが、規模が小さく実稼動期間は僅かでした。 しかし、輝安鉱と共に産出 した自然砒の結晶がたまたまドイツに渡り、ドイツの学者からわが国の鉱物学の権威で
中日新聞:珍しい「金平糖石」福井だけ?:教えて県民くん:日刊県民福井
http://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/oshiete/list/CK2011022702000136.html
2011年2月27日 採掘場所は、福井市赤谷町の山の中の赤谷鉱山跡。明治以降、戦後にかけて「輝安鉱 (きあんこう)」を採掘していた鉱山だ。輝安鉱は主に活版印刷の活字を作るために使 われた鉱物「アンチモン」の原料。金平糖石を目的に掘っていたわけ
日鉄鉱業赤谷専用鉄道廃線跡調査
http://www.tetsuroni.jp/haisen/akatanisenyou/akatanisenyou.html
つまり、のちの赤谷線と日鉄鉱業線を通しで建設されたことになる。線路幅は3フィート6 インチの本線並みであったが、規格は軽便線並みであった。しかし開通の頃には鉄鋼 価格は暴落を続けていて、赤谷鉱山もろくに操業しないうちに採掘を中止、鉄道も運行
折立・赤谷峠
http://www.geocities.jp/tugukeiko12/saka1/oritate1.html
はじめ下味見村、昭和30年(1955)美山村、昭和39年(1964)から美山町の大字となり ました。 明治24年(1891)の戸数37、人口190(男96女94)とあり、明治23年(1890)には 自然砒・輝安鉱採掘のため赤谷鉱山が開鉱しましたが、現在は廃鉱になっています。
加治川/廃橋 - SATIAN/39 -銀廃苑墟- - FC2
http://21152.blog2.fc2.com/blog-entry-532.html
廃橋…ってジャンルは、あるのかな、かな、 きっとあるよね… って事で。 新潟県に御座います、赤谷鉱山跡の産物、加治川の廃橋です。 tsujigawa06_1.jpg 向かいましたはつい先月、何週間前か。 青々強い緑が目に優しく肺に染みこむ。

ピックアップ廃墟