福島県 廃道 廃墟一覧

八十里越
八十里越(はちじゅうりごえ)は新潟県三条市と福島県南会津郡只見町を結ぶ街道の名称。また、この区間を結ぶ国道289号の改良事業名でもある。 三条市下田地区から魚沼...
楊枝峠(中山峠、楊枝集落)
楊枝峠(中山峠)は、福島県郡山市と耶麻郡猪苗代町の間にある峠。江戸時代、陸奥国の会津若松と二本松を結んでいた二本松街道の経由地である。標高691m。 1597年に楊...
国道289号甲子道路廃止区間(片見トンネル、石楠花トンネル)
甲子道路(かしどうろ)は、福島県南会津郡下郷町から福島県西白河郡西郷村までの23.3kmを結ぶ国道289号のバイパス道路。 現在のきびたきトンネルにあたる工区は、1995...
国道121号線山王トンネル旧道(山王峠)
国道121号線山王トンネル旧道は福島県南会津郡南会津町と栃木県日光市の境界にある山王峠を越える道。 1980(昭和55)年に山王トンネルが開通し、その役目を終えた。 ...
クビカケの森・卒塔婆峠
卒塔婆峠は、福島県相馬市と飯館村にまたがる峠。 この南のエリアはクビカケの森と呼ばれ、その昔、森に逃げ込んだ十三人の落ち武者を捕まえその首を晒したと言われて...
三森隧道(福島県道6号線旧道)
三森隧道は、福島県郡山市逢瀬町の県道6号線旧道にあった隧道。現在の三森トンネルの上にあったが、現在はほとんど埋もれてしまっている。 また隧道のそばには、縄文時...
西部林道旧道(福島県)
西部林道は福島県南部に位置する林道。その旧道区間約2.1Kmがほぼ廃道化している。
藤峠(国道49号線旧道)
福島県河沼郡会津坂下町にある藤峠の国道49号線旧道。藤橋から藤峠にかけて、現道の主に南側を旧道が走っている。一部踏破困難な箇所がある。
車峠(国道49号線旧道)
車峠(くるまとうげ)は、福島県耶麻郡西会津町にある峠。 国道49号旧道は、上野尻を通り、すぐに車峠に登っていたが、一次改築(昭和46年度完了)により、上野尻の南...
小出峠(国道49号線旧旧道)
小出峠(おいでとうげ)は、福島県耶麻郡西会津町にある峠。明治時代に入ると、福島県令に三島通庸が就任した。 三島通庸が会津三方道路として明治期に整備した際、車...
鳥井峠(国道49号線旧道)
鳥井峠(とりいとうげ)は新潟県阿賀町から福島県西会津町へかけての越後山脈上にある峠。 国道49号は、かつては鳥井峠付近を経由していたが、昭和40年代の国道49号一...

ピックアップ廃墟