徳瞬瞥鉱山 概要・歴史

徳瞬瞥鉱山(徳舜別鉱山、とくしゅんべつこうざん)は北海道伊達市(旧・大滝村)にあった鉱山。

1916(大正5)年に発見された後、経営権は転々とし、1939(昭和14)年に日鉄鉱業徳舜瞥鉱山が試掘を初め、翌年から本格的に操業開始、1964(昭和39)年3月まで褐鉄鉱を採掘した。

また1954(昭和29)年に硫黄鉱が発見され、1955(昭和30)年6月掘削、1957(昭和32)年11月に硫黄鉱石索道破砕場、胆振線新大滝駅の専用線駅構内貯鉱槽が完成。

1971(昭和46)年3月に閉山した。

胆振縦貫鉄道徳舜瞥駅から空中索道が設けられ、資材の搬入、鉱石の搬出が行われた。

林道ホロホロ山線入り口に鉱山集落があり、小学校跡がキャンプ場になっている。火の見櫓らしき遺構があるほか、索道支柱が数箇所残っている。

また胆振線の新大滝駅跡付近にコンクリート遺構が残る。

状態
2019年07月11日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

徳瞬瞥鉱山 住所

北海道伊達市大滝区上野町

徳瞬瞥鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

徳瞬瞥鉱山 ストリートビュー・空中写真

徳瞬瞥鉱山 スポット

徳瞬瞥鉱山 ブログ・リポート

徳舜瞥鉱山
http://jm-hokkaido.sakura.ne.jp/is-tokusyunnbetu.html
徳舜瞥鉱山大正5(1916)年に発見された徳舜瞥の鉱山は、伊藤周次郎が発見し、試掘権を得たが、その後経営権が北海道製鉄、三井鉱山、輪西製鉄と移り、大正14年に日鉄鉱業の所有となる。日鉄鉱業徳舜瞥鉱山は、昭和14(1939)年から試掘をはじめ、翌年から本格的操業
徳瞬瞥鉱山
http://members3.jcom.home.ne.jp/bighorn3/kouzann/tokusyunbetsu/tokusyunbetsu1.html
徳瞬瞥鉱山2009年5月10月11月探訪概要発見は1916年(大正5)その後、大正15年に日鉄鉱業が鉱区権を取得し1971年(昭和46年)に閉山上野地区の日鉄鉱業徳舜瞥鉱山から産出される鉱石を索道で当駅まで運び、貨車に積み替え発送した。積み出し駅は(昭和15年
「2010 大滝鉱山(徳舜瞥鉱山)跡の湯探索」: 「そらとらてとらぶ~」
http://lovelatte.seesaa.net/article/160476703.html
以前の記事、『長流川プチナイアガラ』で登場しました、このオレンジ色の川。このオレンジの謎を突き止めたくて、今回はあの『北海道中野湯くりげ☆紀行』のぴかリンさんと合同探索でございます。とにかく上流を目指さなきゃいけないということで、バイクを走らせると、、、どうや
「2010 続・大滝鉱山(徳舜瞥鉱山)跡の湯探索」: 「そらとらてとらぶ~」
http://lovelatte.seesaa.net/article/160562798.html
ここからじゃ見えずらいですが、上流と思われるほうで、大きな音を立てて何やら水が湧いているようです!!間欠的に水が噴き出して見えるので、これはいったいナンなんだろう??って、二人の知的好奇心探究心は一気にマックスとなります!!これはなんとか近くまで行ってみたいと

ピックアップ廃墟