サレハルド-イガルカ鉄道

サレハルド-イガルカ鉄道(Salekhard–Igarka Railway)は、1949年から1953年にかけて行われたソ連強制収容所計画の一環として建設された鉄道。シベリアまで1297kmにも及ぶ鉄道を建設するスターリンの計画である。建設には政治犯などの囚人が従事させられ、何千人もの死者を出した。

鉄道の目的は三つあり、一つはノノリスク周辺からのニッケル輸出の促進、戦後囚人たちに懲役を与えること、サレハルドとイガルカをロシア西部鉄道網と接続することである。両都市はそれぞれオブ川、エニセイ川への出口となる。

実際には僅かな需要しかなく、計画はスターリンの死後1953年に中断され、廃線化した。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

サレハルド-イガルカ鉄道 国

ロシア

サレハルド-イガルカ鉄道 種類

廃線・鉄道駅

サレハルド-イガルカ鉄道 画像