豊浜隧道(国道229号線旧道)

豊浜国道229号旧道は、北海道爾志郡乙部町豊浜の追分ソーランライン豊浜トンネル西側を通っていた旧道。

昭和48年、大きく迂回する豊浜トンネルし、旧道と昭和20年代に完成した8つの隧道は廃道となった。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

豊浜隧道(国道229号線旧道) 住所

北海道爾志郡乙部町豊浜

豊浜隧道(国道229号線旧道) 種類

廃隧道

豊浜隧道(国道229号線旧道) 画像

豊浜隧道(国道229号線旧道) 写真・ブログ・リポート

国道おにぎり48本の旅 第16回 後編 - 北海道 道路レポート"カントリーロード"
http://www.hokkaido-douro.net/onigiri/16/16-02.htm
国道229号は旧道廃道が無数に存在しており、当サイトでもそのいくつかを散策した レポートを公開しています。 乙部町と八雲町の境界にある豊浜トンネルの旧道を散策 。 結局この旧道は、絶望的な崩落に突き当たってしまい、通り抜けられませんでした。
国道229号旧道遺構群 古平余市地区 第4部 - 北海道 道路レポート
http://www.hokkaido-douro.net/other/001-229oldroad01/4.html
一般国道229号 旧道遺構群第4部 - 豊浜トンネル旧道    続いては滝の澗隧道を古平側に進んだところにあった豊浜隧道です。赤い矢印が豊浜旧道の分岐。かつて国道は蛸穴の岬をぐるりと回っていました。それが豊浜トンネルの開通でいっきにショートカットされたのです。
国道229号 - 北海道 道路レポート"カントリーロード"
http://www.hokkaido-douro.net/kokudo/229/229-2/2-2.html
国道229号 区間2 余市町国道5号交点→古平町道道998号交点 第2部 余市町港町
国道229号旧道遺構群 古平余市地区 - 北海道 道路レポート"カントリー
http://www.hokkaido-douro.net/other/001-229oldroad01/intro.html
一般国道229号は余市から江差へと続く長大国道です。1953年5月18日、二級国道 229号小樽江差線として指定を受け、1965年4月1日、一般国道229号となり それ ゆえ、国道229号は旧道・廃道の宝庫となっているのです。 豊浜トンネル崩落事故" です。
ゆるたん。廃墟
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/?tag=廃墟
漁港のすぐ側には、「豊浜隧道」の名を冠した封鎖トンネル。そうここは、あの事故のあった豊浜トンネルの旧トンネル、ということらしい。事故のあとに、新しい現トンネルが出来るまで緊急措置として一時期再開したこともあったらしい。(この辺りの成り行きは複雑なので、気になる
国道229号線
http://www.geocities.jp/nocty_bypass/douro/1_hokkaido/R229.html
国道229号線. 豊浜トンネル(長さ1270m). 乙部町と八雲町熊石の境になっている豊浜トンネル。 旧トンネルを左手に見ることが から北檜山方面を向いて。 古い標識が残されていたものの、太櫓越峠(ふとろごえとうげ)を越える旧道は廃道と化していた。