セントキルダ島の廃村

セント・キルダ(St Kilda)は、スコットランドのノース・ウイスト島西北西約64kmに浮かぶ孤島。最大の島ヒルタ島(Hirta)の他、ボーレー島(Boreray)、ソアイ島(Soay)、ダン島(Dun)があるが、人が居住していたのはヒルタ島のみである。

二千年以上前から居住者があったとされるが、人口は最大で180人を越えることはなく、1930年8月29日に国の政策により最後の36人の島民がスコットランド本土に移住した。

ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されており、また、ニシツノメドリやコシジロウミツバメの繁殖地としてはイギリス最大級の規模を誇る。一方、ダン島においてはフルマカモメのイギリス最大級の繁殖地として有名である。

現在は全島が無人島で、ナショナル・トラストから派遣された監視員数人が交代で駐留する程度である。

放棄された村の様子を航空写真から確認することができる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

セントキルダ島の廃村 国

イギリス

セントキルダ島の廃村 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

セントキルダ島の廃村 画像

セントキルダ島の廃村

ピックアップ廃墟