児玉町配水塔 概要・歴史

児玉町配水塔は、埼玉県本庄市児玉町にある配水設備。

1928(昭和3)年から1934(昭和9)年に行われた児玉町水道施設工事の一環で建設。児玉町の水道施設は埼玉県内で三番目に作られた近代水道設備である。

配水塔は、隣接地に配置された地下の集水池から塔一階に設置された揚水用ポンプによって配水塔の情報の貯水槽に揚水し、自然流下により各戸へ配水するものだった。

高さ17.5m、給水人口5000人。

現在は地域のシンボル、時報塔として利用されている。

国指定文化財として管理されている

状態
2018年11月20日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

児玉町配水塔 住所

埼玉県本庄市児玉町児玉325

児玉町配水塔 種類

その他・廃墟一般

児玉町配水塔 画像・写真

児玉町配水塔

児玉町配水塔 ストリートビュー・空中写真

児玉町配水塔 関連ブログ・参考リンク

児玉配水塔
http://www2s.biglobe.ne.jp/~stakers/arch/fsakoda.html
児玉配水塔. 所在地:埼玉県児玉町 竣 工:昭和5年 設 計:不明 配水量は僅か約80t ですが、完成当時は近郷の農村に配水する 私が、この「児玉配水塔」の存在を知った のが、そもそも丸田祥三さんの写真集「棄景-廃墟への旅」(宝島社)のおかげでした。
本庄市歴史探訪 - ブロンプトン・フォールディング日記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/yuckey_2003/37160821.html
2010年11月9日 坂を一気に下り、再び児玉駅方面へ。 イメージ 8. イメージ 9. 児玉町旧配水塔。 イメージ 10. 昭和6年(1931年)に建設されたこの配水塔は、当時児玉町内5000人に 水道水を供給するために設けられた高架水槽で、外見は塔型で内部の
くろべぇの廃墟:旧児玉町配水塔-livedoorBlog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/kurobee_ruins/archives/3911079.html
2008年7月16日探訪。昭和3~9年に行われた児玉町水道施設工事の一環で昭和6年に建設された、コンクリート造り、外装モルタル塗りの配水塔。昭和29年~30年に行われた第二次水道拡張工事により廃止になった。現在は国の登録有形文化財に指定されている。役目を終えて

ピックアップ廃墟