天空のゴーストタウン(Ghost Town in the Sky) 概要・歴史

天空のゴーストタウンGhost Town in the Sky)はアメリカ合衆国ノースカロライナ州ヘイウッド郡マギーバレー(Maggie Valley)にあった遊園地、テーマパーク。バック・マウンテンの頂上、標高約1400メートルに立地する。

1961年に西部劇の世界をテーマとしてオープン。チェアリフトかケーブルカーでアクセスする仕組みだった。一時は年に620,000人もの人々が訪れたという。

R.B. Coburnが開業し、1973年にNational Servicesに売却されるも、1986年にCoburnが買い戻し、その後ローラーコースター「Red Devil」などの遊具が増設されている。

これらの遊具やチェアリフトとケーブルカーには多額の維持費が必要で、2002年7月16日にはチェアリフトが停止し二時間もの間立ち往生する事故が発生。その数日後に天空のゴーストタウンは閉業、売りに出されたまま数年間放置された。

2006年8月に買い取られ、3,800万ドルもの修繕費用が投じられた上で2007年5月25日に再オープン。同パーク内で撮影された映画「Dean Teaster's Ghost Town」の公開に合わせたものだった。

2009年に経営破綻するが、同年末までは営業が続けられた。

2010年2月5日に大規模な地すべりが発生、パークにつながる唯一の道路が封鎖された。

2012年2月に同パークはAlaska Presleyにより落札され、同年6月29日に一時的に一部がオープンした。2013年にも限定公開が予定されていたが、放置期間の間に遊具等は劣化、さらに破壊行為や盗難などがあったため、法的基準を満たすのに巨額の費用が必要となった。

2014年に売却され、2015年10月に2016年6月の再オープンが高知されたものの、果たされないまま再売却。

2018年に、同パークがGhost Town Adventuresにより購入され、2019年の再オープンが目指されていることが報じられたが、依然廃墟状態のまま放置されている。

状態
2019年07月21日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

天空のゴーストタウン(Ghost Town in the Sky) 国

アメリカ合衆国ノースカロライナ州ヘイウッド郡

天空のゴーストタウン(Ghost Town in the Sky) 種類

遊園地・テーマパーク

天空のゴーストタウン(Ghost Town in the Sky) 画像・写真

天空のゴーストタウン(Ghost Town in the Sky)
天空のゴーストタウン(Ghost Town in the Sky)(2010年)

天空のゴーストタウン(Ghost Town in the Sky) ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟