ホームブッシュベイの廃船(SS Aryfield)

ホームブッシュベイ(Homebush Bay)の廃船は、オーストラリアのシドニーにある廃船SS Aryfield

ホームブッシュベイはシドニー中心部に深く入り組んだ湾で、木に埋もれかけた廃船があるのを衛星写真からでも確認できる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

ホームブッシュベイの廃船(SS Aryfield) 国

オーストラリア

ホームブッシュベイの廃船(SS Aryfield) 種類

廃車・廃船・廃飛行機

ホームブッシュベイの廃船(SS Aryfield) 画像

ホームブッシュベイの廃船(SS Aryfield)
ホームブッシュベイの廃船(SS Aryfield)

ホームブッシュベイの廃船(SS Aryfield) 写真・ブログ・リポート

木が生えた廃船 | 死ぬまでに一度は行ってみたい場所。
http://worldtv.blog.fc2.com/blog-entry-332.html
2011年1月15日 ホームブッシュベイという港で、「オリンピックパーク」からその湾を望むと、1艘の古びた 廃船が浮かんでいるみたいです。船の上は、完全に「森」状態。 スゴイ独特の美しさが あるのですが、しかしそこはシドニーの中心部で、非常に奥まった
【画像】森になった難破船。シドニー、ホームブッシュベイの廃船
http://www.kotaro269.com/articles/26220.html
シドニー、ホームブッシュベイの オーストラリア、シドニーの東からシドニー内部へ、パラマタ川を遡った先に存在する難破船、SS Ayrfield。1911年にイギリスで造られ、石炭を運ぶ石炭船として運行。第二次世界大戦中は太平洋に物資を輸送 

ピックアップ廃墟