クレディブル・スポーツ作戦のC-130

クレディブル・スポーツ作戦(Operation Credible Sport)は、1979年に発生したイランアメリカ大使館人質事件での人質救出のために計画された作戦の一つ。

1980年4月24日から25日にかけて行われたイーグルクロー作戦(Operation Eagle Claw)において、当初のライスボール作戦が失敗した後、第二作戦として行われた。3機のC-130にロケットエンジンを搭載することでSTOL能力向上改修を施しサッカースタジアムに着陸してデルタフォースを展開させ、人質を救出すると言うものであった。しかし3機のうち1機のYMC-130Hは試験飛行中に墜落、また2機目の同機は火災を起こし緊急着陸するという結果に終わり、作戦自体が中止された。

この時改造されたC-130の一機が、ジョージア州のミュージアム・オブ・エイビエーション(Museum of Aviation)に展示されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

クレディブル・スポーツ作戦のC-130 国

アメリカ合衆国

クレディブル・スポーツ作戦のC-130 種類

廃車・廃船・廃飛行機

クレディブル・スポーツ作戦のC-130 画像

クレディブル・スポーツ作戦のC-130
©Google