陸軍戸山学校

陸軍戸山学校(りくぐんとやまがっこう)とは、現在の東京都新宿区戸山にあった日本陸軍の歩兵戦技(射撃、銃剣術、剣術など)、体育、歩兵部隊の戦術、軍楽の教官育成とその研究を行う軍学校である。

戸山公園にある箱根山近くに野外演奏場跡が残る他、現在幼稚園と教会になっている箇所は半地下式の石造りの土台に建っており、陸軍戸山学校将校集会所の跡と言われている。

幼稚園や教会は現役施設であり、廃墟ではない

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

陸軍戸山学校 住所

東京都新宿区戸山

陸軍戸山学校 種類

軍事施設・戦争遺構

陸軍戸山学校 画像

陸軍戸山学校 写真・ブログ・リポート

早稲田 戸山公園
http://www.t-shirt-ya.com/itoup/2013/01/post_170.html
後で調べたら、陸軍戸山学校軍楽隊野外音楽堂跡だそうな。 戦前や戦時中は、この野外音楽堂で軍歌が演奏されたのだろうか? 坂を登ってすぐ、今度は右手に「箱根山 陸軍戸山学校址」の石碑が。 そして、その横にある解説板を読んでたまげた。
陸軍戸山学校
http://www.geocities.jp/bane2161/rikuguntoyamagaxtukou.html
2006年1月25日 碑文 この地は和田戸という武士の館の跡で源頼朝が源氏の勢ぞろいをした所と伝え られ後代和田戸山と呼ばれた寛文年間尾張徳川候の下屋敷となり殿堂宮祠等かず かずの建物と箱根山を中心とし東海道五十三次に擬した風雅な庭園が 
陸軍戸山学校将校集会所跡 - 気ままよろず日記 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/c_xantia_01/56761254.html
新宿区・早稲田にある都立戸山(とやま)公園。ここにはかつて、陸軍幹部養成の為の“陸軍戸山学校”がありました。歴史は公園内の説明書きに詳しく載っていたので、下にそのまま載せておきます。箱根山地区の歴史この地区はその昔、源頼朝の武将・和田左衛門尉義盛(わださえもん

陸軍戸山学校 キーワード

敵 務める 業 参謀将校 受手 口伝 植芝盛平著 植芝吉祥丸先生 合気道開祖 塩田剛三先生 大久保能忠先生 曽田先生 昭和13年刊 推定1903年 希望 写真撮影 六段 長唄 ナリ 録音 限定版 開祖 海軍軍楽隊 作成 箏曲 陸軍戸山学校軍楽隊 早稲田大学 本ホッケー協会 日本ホッケー九十年 本ホッケー協会創立 本間雅晴 陸軍戸山学校校庭 行われた 武道 殿下 歌い 発会式 陸軍戸山学校長 記述 賀陽宮 東京クラブ 明治大学 引用 協会 参加 作詞 史 グレー 大正12年 リ ラジオ体操 ホッケー ニ 11月18日 大日 1923年 慶應義塾大学 おいて かやのみや 寺西多美弥 作曲 陸軍戸山学校音楽隊 大演習 一行 大連 帝国音楽会 歌 富士 戸山荘 戸山公園 可能 攻撃 持久 利用 国民歌 蟹川 皇族 中国 爆弾三勇士 二ヶ月 流路 江戸 歩兵