渓光荘(高山温泉) 概要・歴史

渓光荘は北海道札幌市南区定山渓温泉にあった日本通運の保養所。元々は高山温泉という定山渓でも2番目に古い温泉だったという。

定山渓大橋の傍らにある赤い吊橋「高山橋」の袂に位置する。

今も温泉は湧き出しており、川に流れ出るままになっている。

2018年10月現在、一階窓はベニヤで封鎖され、建物も綺麗なまま管理されている。

状態
2018年12月13日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

渓光荘(高山温泉) 住所

北海道札幌市南区定山渓温泉東

渓光荘(高山温泉) 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

渓光荘(高山温泉) 画像・写真

渓光荘(高山温泉)
渓光荘(高山温泉)
渓光荘(高山温泉)
渓光荘(高山温泉)
渓光荘(高山温泉)
渓光荘(高山温泉)
渓光荘(高山温泉)
渓光荘(高山温泉)

渓光荘(高山温泉) ストリートビュー・空中写真

渓光荘(高山温泉) ブログ・リポート

定山渓温泉街 - 今日もイイお湯でした(^。^)フゥ - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/koban2_2002/52466826.html
高山温泉跡(日本通運保養所「渓光荘」跡)定山渓温泉郷にある『定山渓大橋』のその下に、赤いつり橋がある。コレは【高山橋】で車両の通行は無理そうで、歩行者専用道になっている模様。もしかして冬期は通行不可?なのだろうかこの画像対岸、西町側からの歩道階段の除雪はされて
渓光荘跡(高山温泉)と源泉放出湯 : グルメ・温泉に行っちゃうぞ~北海道の旅
http://onsen771.exblog.jp/5608956
目の前には閉鎖している渓光荘が(日本通運保養所)が見えてきます。そして「ぶんぶんの湯」の建物裏側と「ぶんぶんの湯」の源泉小屋が見えてきます。この場所で硫黄の香りが強くなりました。源泉がわずかに川にこぼれているのでしょうか?あたりをキョロキョロ見渡すしと・・・・
札幌・定山渓温泉の紅葉散策 ①: ブログの空き地
http://polarstar.cocolog-nifty.com/toukibi/2007/10/post_fae9.html
・3番目の画像…赤い吊橋『高山橋』のそばにある“緑色の屋根の建物”は日本通運の保養所『渓光荘』(現在は閉鎖されている)。1886年に高山今朝吉が開いた「高山温泉」を引き継いだ温泉保養施設という。
egのブログ 札幌市 定山渓の源泉小屋
http://sleipnir0221.blog122.fc2.com/blog-entry-202.html
すると昔、高山温泉があった場所にでる。その歴史は古く、明治19年に高山今朝吉が高山温泉を開き、さらに後に鹿の湯温泉ができた。その後、高山温泉は日本通運保養所、渓光荘になり現在は廃業している。高山温泉跡の前には、「高山橋」が架かっている。現在のこの橋は2代目で、

ピックアップ廃墟