大井海軍航空隊(大井飛行場) 概要・歴史

大井飛行場は静岡県牧之原市布にあった旧日本海軍の飛行場。長さ1500m幅80mの滑走路を備えた。

大井海軍航空隊(おおいかいぐんこうくうたい)は日本海軍の部隊の一つで、予科練習生などの飛行訓練、通信訓練、偵察要員を育成する練習航空隊だった。1942(昭和17)年4月1日、大井飛行場で開隊し、多い時で2500人から3000人の隊員がいた。

飛行機は当初、九〇式機上作業練習機が主に使用され、1944(昭和19)年12月頃からは機上作業練習機「白菊」が主力機となった。

戦局が悪化した1945(昭和20)年2月には飛行訓練が中止され、3月に特攻の命令が下ると、神風特別攻撃隊「八洲隊(やしまたい)」が組織された。

連日の空襲で施設は壊滅的な被害を受けていたが、特攻隊の訓練は続けられた。八洲隊は待機状態のまま終戦を迎え、出撃することはなかった。

戦後、飛行場跡地は元の耕作地へと復旧され、茶畑となった。

当時の遺構・遺物が比較的多く残され、

牧ノ原コミュニティセンターに練習機のンジンや車輪(九三式中間練習機のもの)、大井海軍航空隊の時鐘などが展示されているほか、正門門柱が隊門が「大井海軍航空隊之跡」の碑として残されている。レンガ積みの壁、防空壕の跡、号令台跡、電探講堂などの遺構がある。

状態
2019年06月02日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大井海軍航空隊(大井飛行場) 住所

静岡県牧之原市布引原

大井海軍航空隊(大井飛行場) 種類

軍事施設・戦争遺構

大井海軍航空隊(大井飛行場) ストリートビュー・空中写真

大井海軍航空隊(大井飛行場) スポット

大井海軍航空隊(大井飛行場) ブログ・リポート

大井海軍航空隊跡地
http://www1.linkclub.or.jp/~oya-wm/ooifile/ooi.html
大井海軍航空隊は偵察員を養成する練習飛行隊として開設された場所で、50機ほどの 練習機が配属されていたそうです。 現在も、わずかに当時の物が残っています。 ● 正門門柱(航空隊跡碑) 大井海軍航空隊の正門門柱だったものです。形状はほぼ 正方形
大井海軍航空隊跡 - みそじょうゆの出来事 - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/future392market/10836335.html
2009年1月10日 何でも好きなことをアップして行きます。 わたしは、特に外国や歴史に興味があります。 出張も多いので行く先々でのこともアップしますので皆様のご意見をお聞きしたいです。 タイトル (海外 中国 労働条件)
神風特別攻撃隊/大井
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/sinpu-ooi.htm
大井海軍航空隊. 昭和17年 4月 日 偵察員の錬成を主目的として開隊. 昭和20年 3月 日 実戦基地に改編. 昭和20年 4月 日 特攻訓練開始. 昭和20年 8月15日 終戦. 牧ノ原コミュニティセンター. 静岡県榛原郡榛原町. 隊門. 時鐘. 大井海軍航空隊の看板、  
とある戦跡と自衛隊 大井海軍航空隊地下壕 (沢水加地区)
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-387.html
以前行った時は日没で、調査不能となってしまった大井海軍航空隊地下壕 沢水加地区に再調査に行った今回は昔、名古屋大学の地震観測所に使われていた所から攻める事にした。 DSC02430_R_20140107194110292.jpg さっそく斜面を 
とある戦跡と自衛隊 大井海軍航空隊、地上遺構
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-385.html
前回大井海軍航空隊地下壕 沢水加地区プレリサーチにおいて、地下壕のさわりの部分だけ見て来た今回は地上に残る遺構と3つある地下壕の内の沢水加地区のみを探索した、今回も空母欲奈氏に案内してもらったしかし、残念ながら年末と 
Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 大井海軍地下壕探索
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-221.html
地下壕探索. 2013-12-31 先日訪れた大井海軍の地下壕だが、前回は時間切れとなってしまったので再び行って来た。 海軍の地下壕を再利用した施設で現在は使用されていないのだが、施錠されたままのようで中に入ることは出来ない。
Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 大井海軍航空隊-地下施設探索
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-245.html
前回の静岡探索に続き、まだ他にも地下壕があるというので、早速見に行ってみた。前夜に雨模様の横浜を出発。東名牧ノ原SAにて車中泊。今回は下道で行ったので、牧ノ原SAは一般道用の駐車場だ。翌日、早速探索開始。住宅街の片隅に移動し、車を駐める。横浜の雨模様と違い、静
FP渡辺のちょっといいはなし : 大井海軍航空隊(電探講堂)
http://blog.livedoor.jp/rikiyasan3445/archives/4933550.html
なんでこの建物だけ残したのでしょうか、不思議です。

ピックアップ廃墟