小来川鉱山 概要・歴史

小来川鉱山(おころがわこうざん)は栃木県日光市の鉱山。

金・銀・銅が採掘された。

ズリ跡、坑口跡、レール跡の他、索道鉄塔、トロッコ、巻上げ機遺構などが残る。

孔雀石などが採取されるらしい。

状態
2011年09月15日作成  2019年04月10日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

小来川鉱山 住所

栃木県日光市東小来川

小来川鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

小来川鉱山 ストリートビュー・空中写真

小来川鉱山 関連ブログ・参考リンク

小来川(おころがわ)鉱山跡
http://kinno-homepage.sakura.ne.jp/mineral/okorogawa.pdf
決戦!!小来川鉱山①|か~み~の地球が遊び場!!
https://ameblo.jp/lascelles2/entry-12285842892.html
前から行こうと思いつつもなかなかタイミングが掴めずに行けなかった鉱山があった。それが小来川鉱山である…ッッ!!数多くの行きたい鉱山の中で名前の響きがたまらない…ッッ!!ちなみにmog氏の鉱山デビューがこの鉱山だそうで、前情報として色々聞いていた。他にも石マニア
無題
http://www.geocities.jp/matagi44/okorogawa.html
小来川鉱山日光市小来川2006年4月13日散策平林先生のフィールドノート(明治43年4月24日)より栃木県上都賀郡小来川村大字黒下小字台持場他にあり発見、開坑は定かでないが、平林先生が明治時代に訪れている所を見ると、明治時代には採掘されていた。坑夫8名(50~
栃木採集行<小来川・加蘇鉱山>その1 - ロバのコラム
http://d.hatena.ne.jp/damascus/20100507
この時期は、初秋とならんで鉱物採集にはもってこいのシーズンです。暑くもなく寒くもなく、また下草が生えていないので石が見つけやすい。これが夏になると、汗ダクダク&下草ボーボーで石探しどころじゃなくなりますから…GWも突入したが、特に遠出の予定もない。さて「じゃあ
小来川鉱山
https://trekgeo.net/m/m/htMH/okorogawaTOCHIGI.htm
TrekGEO>鉱物を歩こう>関東地方>栃木県>小来川鉱山Englishpage小来川鉱山(おころがわこうざん)栃木県(とちぎけん)日光市(にっこうし)中小来川(なかおころがわ)産状中高温熱水鉱床ジュラ紀新世(1億4500万年前,145Ma)の黒保根-桐生ユニ
こんなにあったよ!とちぎの鉱物レポート(その7) - 栃木県立博物館公式ブログ
http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/news/2014/08/7-1.html
おかげさまで、去る8月17日に企画展入場者1万人を達成しました!ありがとうございます。引き続きご来館をお待ちしております。さて、本日は小来川鉱山の銅鉱物をご紹介します。まずは、ポスンジャク石です。この鉱物は国内では小来川鉱山ではじめてみつかりました。それ以前に
日光周辺の銅鉱山跡 | BlueShower - 楽天ブログ
https://plaza.rakuten.co.jp/blueshower/diary/200911280000/
栃木県の日光に近い日光鉱山・小来川鉱山を探索してきました。両者とも銅が主産物の鉱山です。まずは東北道の矢板ICで降りて日光鉱山へ。いくつかのサイトで写真付きで紹介されているものの、実際に行ってみるとそれらしい場所が見つかりませんでした。情報が古かったせいかも知
小来川鉱山採集 ジージー岩魚の趣味悠々/ウェブリブログ
http://70887447.at.webry.info/201005/article_1.html
アズラの森で藍銅鉱を求めて荒れた林道を
小来川鉱山 再訪 - Steve Knightの気ままな日記
http://blog.goo.ne.jp/steveknight/e/b9ca18f7c6f526ceead948dd00f927c5
前回、2月に行った時には一面雪に覆われていて、たいした成果もなく、あえなく撤退を余儀なくされた。4月に入って、雪もなくなったので、Tさんとの約束通り、リベンジを試みた。【小来川鉱山】雪がなくなると、そこらじゅう地面がえぐれていて、かなり荒れているのがよくわかる
ひすい七色 2016秋の鉱物採集・小来川鉱山跡
http://hisui7iro.blog.fc2.com/blog-entry-22.html
黒磯板室ICから東北自動車道に入り、日光へ向かいました。宇都宮ICで降りてそのまま日光宇都宮道路で日光まで。小来川鉱山跡へ行くなら手前の今市で降りればいいのですが、日光の街で買い物の用があり先に済ませたかったので。世界遺産に登録されたせいか人も車も増えたような
小来川の神隠し - 旧愚だくさんブログ
http://blog.goo.ne.jp/funrunner7676kame/e/eca8977173ce121c5f36d7739ac8a1e4
昨日「小来川鉱山」の記事を書いたけど、実はこの小来川で神隠し!としか思えないような事件があり、未だ解決していない。昭和60年の体育の日(10月10日)に3才の女児が忽然と姿を消した。小来川にある母親の実家に遊びに来て、父と母が玄関先で挨拶をしていた僅か数分間の
鉱物大好きのブログ: 小来川鉱山にいってきました
http://manganpailo.blogspot.jp/2013/10/blog-post.html
今回は、栃木県の小来川にある小来川鉱山にいってきました。ここでは昔銅を採掘していました。ここでは、銅の二次鉱物が採れます。また、黄銅鉱を主とした鉱石もありその表面を孔雀石が覆っています。図1(黄銅鉱を主とした鉱石)

ピックアップ廃墟