大東鉱山(雲南市)

大東鉱山(だいとうこうざん)は島根県雲南市大東町にあった鉱山。

モリブデン鉱、銅が採掘された。

1914年(大正3年)に谷治之介名義で採掘を開始。1929年(昭和4年)に太陽鉱工株式会社へ名義変更・経営し、1930年(昭和5年)に本格的に採掘を開始。

戦時中に兵器の製造に重要な役割を果たすモリブデンの需要が高まり、1941年(昭和16年)頃に陸軍の後援で北日本鉱業株式会社大東精錬所が浮遊選鉱場を建設。つくり、操業を開始した。[5]

戦後、北日本鉱業は解散し大東鉱山も休山。昭和21年1月に再開したが、需要の低迷と争論により同年10月休山。その後、モリブデンの平和産業部門への用途が開けて再び需要が高まり、昭和25年朝鮮動乱で過熱化、世界的な戦略物資として需要が増大したため、清久鉱山、大東鉱山、神谷鉱山、東山鉱山と相次いで採掘が再開された。

昭和35~36年に最盛期を迎え、大東鉱山は日本の総生産量の66%を供給する日本最大のモリブデンの採掘地となった。

高品位の鉱石の減少や貿易の自由化による価格競争などにより1985年(昭和60年)に閉山。

大東町の モリブデン鉱山は、大東鉱山の他に清久鉱山、東山鉱山、神谷(妙中)鉱山の4つがあり、現在、大東鉱山と東山鉱山のみ坑口が見られる。

閉山後、陶製事業(出雲大東窯)に転業し現役運営されている。

県道のバス停留所に『大東鉱山前』という名が残り、斜面にはコンクリート造りの建物や鉱山軌道が見られる。

また、大東中学校の校庭に選鉱場にあった排滓池跡が残る。ここで製錬、缶に詰めた物をトロッコに積んで出荷したという。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

大東鉱山(雲南市) 住所

島根県雲南市大東町東阿用

大東鉱山(雲南市) 種類

廃鉱・採石場跡

大東鉱山(雲南市) 画像

大東鉱山(雲南市)