寒風山の円形ロッジ 概要・歴史

骨組みだけとなった未成ホテル

寒風山の円形ロッジは秋田県男鹿市のホテル跡。県道55号線寒風山道路沿いに位置する。「K道路沿いの未完円形ホテル」等として紹介されていることもある。

1967~1971年に建設。

円筒形の塔のような部分を備えるユニークな構造で、未完成のまま放置されたらしい。

3~4階建てほどの高さで、2013年時点で屋根や壁面、階段などが大きく崩落、ほとんど骨組みだけとなっていた。

2018年10月時点で現存する。

崩壊が進み危険な状態にある。

状態
2011年09月15日作成  2019年08月27日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

寒風山の円形ロッジ 住所

秋田県男鹿市脇本浦田丸森

寒風山の円形ロッジ 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

寒風山の円形ロッジ 画像・写真

寒風山の円形ロッジ
寒風山の円形ロッジ
壁面はほとんど残っていない
壁面はほとんど残っていない
屋根も抜けて骨組みだけとなっている
屋根も抜けて骨組みだけとなっている
寒風山の円形ロッジ
寒風山の円形ロッジ
寒風山の円形ロッジ
寒風山の円形ロッジ

寒風山の円形ロッジ ストリートビュー・空中写真

寒風山の円形ロッジ 関連ブログ・参考リンク

【廃墟】寒風山の円形ロッジ(秋田県男鹿市) | 廃墟写真ブログ -Ruins Cat-
http://ruins-cat.com/blog-entry-180.html
男鹿三山の一つ、寒風山へと向かう道すがら森の中に見えた奇妙な円柱形の建物――その内部には圧巻の光景が広がっていた。廃墟年齢としては既に末期で、2階へ上がる階段はおろか建物の骨組みしか残されていないが、ここの場合その事が廃墟に迫力を加えむしろ良い方向に作用してい
寒風山の円形ロッジ | Departure
https://departure.amebaownd.com/posts/6359993
「K道路沿いの未完円形ホテル」として紹介されることもある。円筒形の塔のような部分を備えるユニークな構造で、未完成のまま放置されたらしい。車道からは皆目分からない。少し森の中に入ってようやく見えてきた。おお…トランスフォーマーじゃん(笑)お邪魔します。うわぁぁ…
K道路沿いの未完円形ホテル | WEB MAGAZINE
http://hakkaku-culture.info/magazine/post-543.html
『八画文化会館vol03特集廃墟の秘密。』で、3枚写真を使ってもらえた物件です。移動中に偶然発見しました。完成することなく放置されたらしいです。骨組みの木片が、蜘蛛の巣みたいに空に模様を入れていて、僕は大変気に入りました。地下への階段がありましたが、浸水してお

ピックアップ廃墟