相武電気鉄道 概要・歴史

相武電気鉄道(そうぶでんきてつどう)は大正後期に東京(恵比寿駅)と神奈川県中央部を結ぶ路線として構想された鉄道路線およびその運営会社。

国有鉄道横浜線淵野辺駅(ふちのべえき) - 上溝駅(かみみぞえき) - 田名村(現・神奈川県相模原市)の間は1927(昭和2)年6月に着工され、路盤の建設が完了。車両の発注まで行なわれていたが、1929(昭和4)年より始まった世界恐慌の影響もあり資金に行き詰まり、工事は中断された。1936(昭和11)年までにすべての敷設免許が失効し、1938(昭和13)年に破産した。

その後、ほとんどの建設用地は購入代金の未払いのために元の持ち主に返還され、戦後直後頃まで残っていた痕跡も農地となったり宅地開発などにより姿を消した。姥川に相武電鉄の暗渠が残されていたが近年になり解体された。

相武電鉄が鳩川を渡った場所にかかる妙現橋やその周辺の地形にはわずかな痕跡が見られる。

また、相武電気鉄道の上溝駅が設置予定だったJR相模線上溝駅近くのダイエー駐車場付近に、橋梁跡らしいコンクリート遺構が見られる。相武電気鉄道の数少ない遺構である。

状態
2019年07月25日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

相武電気鉄道 住所

神奈川県相模原市中央区上溝

相武電気鉄道 種類

廃線・鉄道駅

相武電気鉄道 画像・写真

相武電気鉄道
上溝駅近くの相武電気鉄道遺構
相武電気鉄道

相武電気鉄道 ストリートビュー・空中写真

相武電気鉄道 関連ブログ・参考リンク

幻に終わった相武電気鉄道 | ある歯科医院の院長の日記
https://ameblo.jp/tuburesika/entry-12497595664.html
まずは相武電気鉄道についての説明大正10年東京渋谷から愛甲郡愛川村田代まで鉄道を引く予定を立てる最初は淵野辺~田名間の敷設免許を申請大正12年関東大震災→鉄道省の書類が消失し計画とん挫大正13年淵野辺~田名間の敷設免許申請を再出願大正15年線路実測図を作るため
相武電鉄の歴史/相武電鉄資料館
http://sobu-erw.o.oo7.jp/01/03/index.html
館内のご案内TOP>相武電鉄>歴史相武電鉄の歴史序章・相武前史1.明治・大正の高座相模原2.大正愛甲郡記3.大正期までの横浜線本章・相武電気鉄道の軌跡1.始まりは津久井葉山島より2.第1期線免許認可と会社設立3.淵野辺~久所間着工4.3つの延長線の明暗5.横浜
#1 幻の鉄道を追って①~相武電鉄~ - 相模原ぶらり歴史歩き
http://sagamiburari.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
もう一つの上溝駅の存在私はもっぱら、JR相模原線ユーザーです。大変お世話になっています…そして最寄り駅は上溝駅なんですが、実は戦前にもう一つ別に上溝駅が設置される予定でした。(↑現在の上溝駅2015年7月)もちろん、現在は存在しない幻の駅となってしまいましたが
神奈川電鉄はフィクションです 相武電鉄ルートを書き込むと
http://rinji99100.web.fc2.com/kana/image/soubu.htm
神奈川電鉄をたずねて~イメージのガラクタ箱~◆相武電鉄ルートを書き込むと愛甲線の通る愛川町田代。かつてこの地を目指したものの未成に終わった鉄道がありました。その名を、相武電気鉄道といいます。高津~宮前~鶴川~図師~淵野辺~上溝~田名~箕輪~田代の免許を取得し、

ピックアップ廃墟