パリのカタコンベ

パリのカタコンベは、約600万体の人骨が積み上げられた共同地下墓地。多くの人骨がむき出しのまま積み上げられており、全長は約500キロメートルにも達すると言われる。

19世紀初頭から観光地化し、1874年から定期的に公開されるようになった。

近年になり、若者たちが侵入しグラフィティ・アートなどの落書きをしたり、レイヴ・パーティを行ったり等して、問題になっている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

パリのカタコンベ 国

フランス

パリのカタコンベ 種類

廃寺・宗教施設・廃寺

パリのカタコンベ 画像

パリのカタコンベ 写真・ブログ・リポート

海外の廃墟(フランス)@名も無きカタコンベ - スポンサー広告-海外の廃墟-
http://ug4haikyo.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
カタコンベ自体は観光地として開放されているが実はフランス政府もすべての場所を把握しているわけではないらしい。ここはそんな把握されていない場所の一つである。地下へと続く長い階段を降りると高い天井の広大なスペースがあり、そこら中にガイコツが錯乱している。ギルはライ
600万人の死者が眠るパリ・カタコンベの外壁は今やグラフィティペイント
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51939311.html
2011年1月5日 フランス、パリにあるカタコンベは、約600万体の人骨が積み上げられた共同地下墓地。多くの人骨が . 日本の廃墟も似たようなもんだぜ12枚目と同じような落書きが描いてあるけどこれって世界的に流行ってるの? だせー 変化つけろよなー.