鹿瀬洞 概要・歴史

鹿瀬洞は和歌山県有田郡広川町と日高町の間にある廃隧道。旧県道176号(旧井関御坊線)に位置する。

1906年(明治39年)竣工。延長165m、高さ4.5m、幅4.0m。

2007年頃よりフェンスで封鎖されている。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

鹿瀬洞 住所

和歌山県有田郡広川町上津木

鹿瀬洞 種類

廃道

鹿瀬洞 関連ブログ・参考リンク

鹿瀬洞 ~第二回水無月探索~ - Frost Moon Project
http://www16.atpages.jp/rayna/Report/minaduki02/index3.html
鹿瀬洞 ~第二回水無月探索~. これは水無月に決行されました廃道/(廃)隧道/廃線探索の詰め合わせです。 訪問した主な構造物は以下の通りです。 旧鰈川隧道 · 瀧原洞; 鹿瀬洞 ??? ??? 本レポートは、上記5つの構造物に関するページより構成されています。

ピックアップ廃墟