小脇(京丹後市) 概要・歴史

小脇(こわき)は京都府京丹後市(旧・丹後町)にある廃村集落。

昭和55年に廃村化。数件の廃屋が見られ、手入れされている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

小脇(京丹後市) 住所

京都府京丹後市丹後町小脇

小脇(京丹後市) 種類

廃村・過疎集落・ゴーストタウン

小脇(京丹後市) ブログ・リポート

小脇(丹後町)
http://www.aikis.or.jp/~kage-kan/26.Kyoto/Tango_Kowaki.html
無人になった時期は比較的新しいが、集落には「小脇公民館兼共同作業所」をはじめ数軒の人家が残るのみ。公民館の前には「 竹野郡小脇村。明治22年上宇川村の大字。 ふるさと野間』によると大正9年電灯の導入。 論文「丹後地方における廃村の多発現象と立地環境との関係」によると、明治初期13戸...
「廃村を訪ねて」4 「丹後町小脇」 : 丹後の野山を歩こう会
http://blog.livedoor.jp/date_fall_reply/archives/22473316.html
2008年12月に訪れました 「小脇の里由来碑」です 「小脇の発電所」で有名な小脇です この時は丹後町吉永を出発して内垣、力石、大石、神主、小脇、川久保、田中、中津、中山、相川、是安、そして出発の吉永

ピックアップ廃墟