高野発電所(八瀬発電所) 概要・歴史

高野発電所八瀬発電所)は京都府京都市左京区にあった発電所。

京都電灯によって明治33年6月に180kwで運転開始、昭和41年4月廃止。発電所は比叡山ケーブルの近く、取水堰堤は八瀬地区にあった。

ケーブル八瀬駅付近で水路跡などの遺構が見られる。

2011年09月15日作成

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

高野発電所(八瀬発電所) 住所

京都府京都市左京区八瀬野瀬町

高野発電所(八瀬発電所) 種類

廃工場・発電所

高野発電所(八瀬発電所) 関連ブログ・参考リンク

高野発電所跡を探して - 水力発電所とダムに行ったおはなし - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/dam_suiryokuhatuden/8849952.html
関西電気事業100年史によると京都電灯によって明治33年6月に180kwで運転をを開始し昭和41年4月に廃止されています
ピックアップ | SSS サコダ小水力設計合同会社
http://sakoda-water.c-co.jp/pages/60.html
シリーズ第5段!今回ご紹介するのは、「高野発電所」です。京都市の比叡山西側を流れる高野川には180kWの小水力発電所が明治33年に京都電灯により設置されていましたが、老朽化により昭和41年に廃止されています。(私が生まれて5年後かぁ。。。)
きららで八瀬・比叡山のコース歩いてみました。(前編): ピンぼけブログ館
http://nakkacho.cocolog-nifty.com/main/2014/04/post-bda9.html
大阪市内から出発する場合は、前回の記事で紹介した、淀屋橋9時ちょうど発の「比叡山きらら連絡特急」に乗り、出町柳で、10時7分発の「新緑比叡山きらら号」に乗り継ぐと、10時21分に八瀬比叡山口駅に到着となります。 。 201404hiei02.

ピックアップ廃墟