五の沢橋梁(士幌線) 概要・歴史

五の沢橋梁は北海道河東郡上士幌町にある旧国鉄士幌線のアーチ橋梁。

1955年完成、長さ7m。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

五の沢橋梁(士幌線) 住所

北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷北区

五の沢橋梁(士幌線) 種類

廃線・鉄道駅

五の沢橋梁(士幌線) ブログ・リポート

ゆるたん。 |五の沢橋梁@糠平
http://shinotakasan.blog13.fc2.com/blog-entry-267.html
この脇に、「五の沢橋梁」の看板があった。停車スペースがあったのでそこに停める。前方に、道路の橋の看板がある。小川が流れているので、この近くにあるはず…その道路の橋から見てみた。あったあった!(道路は、歩道もなくそれなりに車通りがあるので飛び出さないようにするこ
国鉄士幌線廃線跡7 糠平-五の沢橋梁間 - nifty
http://homepage3.nifty.com/haisentetsudouryou/017shihoro8.html
その先で急カーブで北へ方向を変え糠平川橋梁を渡る。 糠平川橋梁. 直後に第7糠平トンネルとなる 第5糠平沢橋梁と思われる橋がある。 第5糠平沢橋梁. すぐに第8糠平トンネルと 1キロ程で五の沢橋梁となる。 五の沢橋梁. 次へ(⑧五の沢橋梁~幌加間 
上士幌町を巡る旅 北海道遺産 アーチ橋を巡る旅 - 道北の釣りと旅
http://www.kitakaido.com/tokathi/kamisihoro/kamishihoro_13.html
五の沢橋梁. 地図へ. 旧士幌線アーチ橋・五の沢橋梁. 五の沢パーキングの近くで国道からもから見えるが、小さなメガネ橋で気をつけ 上士幌鉄道資料館から旧国鉄士幌線の廃線跡を利用した三股駅まで約20km区間、現在使用出来るのは上士幌鉄道資料館 
五の沢橋梁・三の沢橋梁・ぬかびら源泉郷 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/hsnm3373/40275027.html
五の沢橋梁・三の沢橋梁・ぬかびら源泉郷 ~旧国鉄士幌線アーチ橋見学ツアー ~北海道河東郡上士幌町の廃線・温泉街 クリップ追加
国鉄士幌線廃線跡7 糠平-五の沢橋梁間
http://haisentetsudouryou.travel.coocan.jp/017shihoro8.html
国鉄士幌線 ⑦糠平~五の沢橋梁間 ここから十勝三股は1978年末から代行バス化され、そのまま廃止された区間である。 糠平駅跡の西側に第4糠平沢橋梁があった。
五の沢橋梁 - 北海道応援サイト!がんばれ北海道!!
http://ouendaichi20092.web.fc2.com/doutou/obihiro/html/gonosawa.html
五の沢橋梁 住所 河東郡上士幌町 上士幌町観光協会 NPO法人ひがし大雪アーチ橋友の会 旧士幌線の廃線跡にあるアーチ群のひとつ。 1955(昭和30)年に作られた長さ7mの1連アーチ橋。 国道273号線「五の沢橋梁」の看板があり
青森北海道旅16・士幌線廃線跡を巡る | 私とクマのおぼえがき帖
http://yukamemory02.blog.fc2.com/blog-entry-344.html
青森北海道旅5日目のつづき。糠平湖まで散歩した後、宿に戻ったところから。10時、チェックアウト。ぬかびらユースホステル、とても気さくでいい宿でした。

ピックアップ廃墟