北海道 廃橋 廃墟一覧

タウシュベツ川橋梁(旧国鉄士幌線アーチ橋)
タウシュベツ川橋梁は北海道上士幌町の糠平湖にあるコンクリート製アーチ橋。「タウシュベツ橋梁」とも呼ばれ、「めがね橋」の別名を持つ。 昭和初期に十勝北部の農産...
三弦橋
三弦橋(さんげんきょう)は北海道夕張市のシューパロ湖に架かる旧森林鉄道の鉄道橋。正式名称は第一号橋梁(だいいちごうきょうりょう)である。 1962(昭和37)年完...
上桂橋(桂沢湖)
上桂橋は北海道夕張市の桂沢湖にかかる橋。 1956(昭和31)年竣工のトラス橋。 廃橋となった時期は不詳だが、2000年時点では錆付きながらも通行可能だったらしく、200...
一度も使われなかった鉄道橋
越川橋梁(第一幾品川橋梁)
越川橋梁(こしかわきょうりょう)は北海道斜里郡斜里町にある鉄道橋。正式名称は第一幾品川橋梁(だいいちいくしながわきょうりょう)であるが、通称としての越川橋梁...
頼城橋
頼城橋(らいじょうばし)は北海道芦別市にある橋。 1943年に初代の橋がかけられたが、3mほどしか高さがなく、何度か流されることがあったという。現在のものは1967年...
小巻沢林道橋
小巻沢林道橋は北海道夕張市にある橋。夕張川に架かる。 1939(昭和14)年に架橋。 下夕張森林鉄道から転用された、可搬式軍用橋が転用されたと推測されてきたが、旧...
阿寒町布伏内22線北の雄別鉄道廃橋
北海道釧路市阿寒町布伏内22線北にある雄別鉄道の廃橋。舌辛川に架かっている。県道222号線近く、雄別鉄道の終点近くに位置する。 雄別鉄道(ゆうべつてつどう)は、釧...
桂沢橋
桂沢橋は北海道三笠市の橋。幾春別川の支流・上一の沢に架かる。 1969(昭和44)年完成。1985(昭和60)年完成の現国道452号・桂竜橋旧道に位置する。 道路が陥没して...
待恋橋そばの橋脚跡
北海道苫前郡羽幌町にある待恋橋そばの橋脚跡。道道747号線上羽幌羽幌線のそばに位置する。 西側の河岸および東側の畑の中に橋脚跡が残っている。 羽幌森林鉄道の遺構...
英橋(岩見沢市)
英橋(はなぶさばし)は北海道岩見沢市栗沢町の廃橋。現在の道道38号線の脇に位置する。 英橋は現橋も含めて三代が架橋されており、初代英橋は1921(大正10)年竣工、...
東橋(沼田町)
東橋(あずまばし)は北海道雨竜郡沼田町の廃橋。道道867号線達布石狩沼田停車場線新東橋旧道に位置する。 竣工・廃止時期不明ながら、1977年時点では東橋が使用されて...
平橋そばの橋脚跡
北海道苫前郡羽幌町にある平橋そばの橋脚跡。道道747号線上羽幌羽幌線のそばに位置する。 畑の中に橋脚跡と見られるコンクリート遺構が残っている。 待恋橋そばの橋脚...
香取橋
香取橋(かとりはし)は北海道夕張市の橋。夕張川支流パンケホロカユウパロ川沿いのパンケホロカ右股林道に位置する。 1967(昭和42)年8月に竣工。 廃橋ではなく現役...

ピックアップ廃墟