びわ湖バレイ・カーレーター 概要・歴史

びわ湖バレイ・カーレーターは滋賀県大津市木戸にあるスキー場・びわ湖バレイに設置されていたカーレーター。

びわ湖バレイ自体は現役施設である。1965(昭和40)年に産業経済新聞社がサンケイバレイとして開設した。

カーレーターとは、山の斜面をベルトコンベアにより運ぶ登山用交通機関で、乗客はゴンドラに搭乗する。直線勾配区間がベルトコンベア、乗り場やカーブ、水平区間などはホイールコンベア(複数の車輪を組み合わせたコンベア)で構成される。

サンケイバレイ開設当初は、全長約2kmのカーレーターが約23分で山麓と山頂を結んでいた。乗り心地の悪さなどから1975(昭和50)年10月に廃止され、代わってゴンドラリフトが開業、所要時間は約8分に短縮された。

カーレーター施設は廃止後もしばらくの間はそのまま放置され、アルプスゴンドラからも山中に残されたシェルターを見ることができたが、2000年代の初頭に撤去された。

山頂駅の建物はレンタルスキー小屋として使用され、シェルターの一部も残されていたが、2008(平成20)年の夏頃に取り壊された。跡地はスノーランドの一部となっている。

ロープウェイ山麓駅の脇にはカーレーター山麓駅だった建物が現存し、廃止後しばらくの間はびわこ自然史博物館として使われていたが、山頂駅解体後はそこから移転したレンタルスキー小屋となっている。

2018年現在もなお、山麓付近のカーレーターが路盤跡は木々が薄くなっているのが空中写真からも確認できる。山中には3ヶ所存在していた橋梁のうちの2ヶ所のコンクリートの土台が現存するらしい。他にシェルターの残骸やベルトコンベアなどの部品が散見され、コンクリート製の路盤が残っている箇所も見られる。

なお途中には3ヶ所のトンネルが存在していたが、全てコンクリートで塞がれている。

カーレーター - Wikipedia

状態
2011年09月15日作成  2019年06月14日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

びわ湖バレイ・カーレーター 住所

滋賀県大津市木戸

びわ湖バレイ・カーレーター 種類

廃線・鉄道駅

びわ湖バレイ・カーレーター 画像・写真

コンクリートで塞がれたトンネル跡
コンクリートで塞がれたトンネル跡
トンネルの手前に残るコンクリート製路盤
トンネルの手前に残るコンクリート製路盤
山麓駅跡。スキーレンタル店に転用されている
山麓駅跡。スキーレンタル店に転用されている
びわ湖バレイ・カーレーター

びわ湖バレイ・カーレーター ストリートビュー・空中写真

びわ湖バレイ・カーレーター スポット

ピックアップ廃墟