御所温泉観光ホテル 概要・歴史

御所温泉観光ホテルは徳島県阿波市のホテル。国道318号沿いに位置する。

1963(昭和38)年に開業、当時は関西からフェリーを乗り継いで鳴門や小松島にたどり着き、今ほど店の無かった暗い夜道を一時間ほど走り、さらに真っ暗な山道を登ると突然現れる宿に誰もが驚いたらしい。

また、硫化水素系にしては硫黄の含有量が少なく、硫黄臭のほとんど無いなめらかな肌ざわりの湯は、美人作りの温泉と評判であったという。

2014(平成26)年1月31日から休業し、そのまま閉館となった。

2019(令和元)年6月時点で現存し、駐車場内などに雑草が茂っているものの、建物自体に大きな損壊は見られない。

売物件の看板が設置されている。

状態
2019年06月24日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

御所温泉観光ホテル 住所

徳島県阿波市土成町宮川内平間

御所温泉観光ホテル 種類

廃ホテル・宿泊保養施設・温泉

御所温泉観光ホテル 画像・写真

御所温泉観光ホテル
御所温泉観光ホテル
御所温泉観光ホテル
駐車場にはいくらか雑草が見られる
御所温泉観光ホテル
建物自体に大きな損壊は見られない
御所温泉観光ホテル

御所温泉観光ホテル ストリートビュー・空中写真

ピックアップ廃墟