芦別森林鉄道 概要・歴史

芦別森林鉄道(あしべつしんりんてつどう)は、森林経営の合理化を図るために北海道芦別市内の国有林を伐採し搬出することを目的に昭和初期に敷設された鉄道。昭和9(1934)年開始。

多くの支線が作られ、最盛期には本線を含めて7本、総延長72kmとなったが、営林事業の衰退に伴い、昭和39(1964)年に廃止された。

地図は北海道芦別市芦別の芦別川にかかる橋梁跡。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

芦別森林鉄道 住所

北海道芦別市芦別

芦別森林鉄道 種類

廃線・鉄道駅

芦別森林鉄道 画像・写真

芦別森林鉄道

芦別森林鉄道 関連ブログ・参考リンク

芦別森林鉄道跡
http://bem.de-blog.jp/looksky/2008/06/post_220b.html
帰宅して地図を見ても線路らしきものも分からないので、「廃線」で検索するとしっかり芦別森林鉄道が引っかかる。ちゃんと調べている人がいることに感心するが、森林資源の開発を敷設されたが開通後2年で廃止になったということで、1961年の廃止から47年。
芦別森林鉄道 - 廃線跡Report
http://www.geocities.jp/xxreport2/repo/asisi.html
芦別市の奥地である奥芦別の森林資源の開発・輸送を目的に、根室本線の上芦別を 起点に31.2kmの距離に敷かれたものが始まりで、その後多くの支線が作られた。最盛 期には本線を含めて7本、総延長72kmという広大な森林鉄道網にまで成長している。
道内の国有林では官行斫伐事業が施業 - FC2
http://kihadekakueki.web.fc2.com/sinrintetudou.html
芦別森林鉄道. 昭和6年に着工され、根室本線上芦別駅隣接の駅上場から奥芦別御料 地まで(途中三菱鉱業の廃線を一部利用して)が昭和9年に完成した。その後6つの 支線が建設され、総延長72kmに達し道内営林署では最長を誇ったが、急速に発達した
芦別森林鉄道 - 廃線跡Report
http://www1.linkclub.or.jp/~okutomo/repo/asisi.html
森林鉄道. 北海道の廃線跡を訪ねて 上芦別 - 奥芦別(本線) サキペンベツ 芦別 市の奥地である奥芦別の森林資源の開発・輸送を目的に、根室本線の上芦別を起点に 31.2kmの距離に敷かれたものが始まりで、その後多くの支線が作られた。最盛期には
芦別森林鉄道 - 廃線跡Report
http://www.geocities.jp/xxreport2/repo/page4.html
はじめに 【区 間】 上芦別~奥芦別 サキペンベツ川下流~上流(咲別線) サキペンベツ川中流~小滝の沢川(小滝沢線) 惣顔真布川下流~上流(惣顔真布支線) 【主な駅】 - 【沿 革】 1932 開通 1939 咲別線開通 1954 小滝沢線開通 1959 惣顔真布線開通

ピックアップ廃墟