北海道 廃線・鉄道駅 廃墟一覧

万字線
万字線(まんじせん)は日本国有鉄道(国鉄)が運営していた鉄道路線。 万字炭鉱から産出される石炭の積み出しのため万字軽便線(まんじけいべんせん)として1914(大...
手宮線
手宮線(てみやせん)は北海道小樽市の南小樽駅から同市内の手宮駅を結んでいた日本国有鉄道の鉄道路線。 北海道では最初の鉄道である官営幌内鉄道(手宮 - 札幌 - 幌...
標津線
標津線(しべつせん)はJR北海道が運営していた鉄道路線。 北海道川上郡標茶町の標茶駅で釧網本線から分岐し、標津郡標津町の根室標津駅に至る本線と同郡中標津町の中...
三菱石炭鉱業大夕張鉄道線
大夕張鉄道線(おおゆうばりてつどうせん)は北海道夕張市にあった三菱石炭鉱業の鉄道路線である。正式には「三菱石炭鉱業大夕張鉄道線」。清水沢駅と大夕張炭山駅を結...
渚滑線
渚滑線(しょこつせん)は、日本国有鉄道(国鉄)が運営していた鉄道路線。北海道紋別市(網走支庁管内)の渚滑駅で名寄本線から分岐し、紋別郡滝上町の北見滝ノ上駅を...
胆振線(軽川トンネル)
胆振線(いぶりせん)は国鉄が運営していた鉄道路線。北海道伊達市の伊達紋別駅で室蘭本線から分岐し、虻田郡倶知安町の倶知安駅で函館本線に接続していた。 倶知安 - ...
名寄本線(藻興部川橋梁)
名寄本線(なよろほんせん)は、JR北海道が運営していた鉄道路線。 北海道名寄市の名寄駅で宗谷本線から分岐し、紋別市を経て紋別郡遠軽町の遠軽駅で石北本線に接続す...
戸井線
戸井線(といせん)は、北海道函館市の函館本線五稜郭駅から戸井町(現函館市)の戸井駅までを結ぶ計画であった鉄道未成線である。 1937年に、船舶輸送の短絡化や、戸...
白糠線
白糠線(しらぬかせん)は、1964年(昭和39年)から1983年(昭和58年)まで日本国有鉄道(国鉄)が運営していた鉄道路線(地方交通線)である。 北海道白糠郡白糠町に...
深名線
深名線(しんめいせん)は、かつてJR北海道が運営していた鉄道路線。北海道深川市にある深川駅で函館本線から分岐し、雨竜郡幌加内町を経て名寄市にある名寄駅で宗谷本...
湧網線
湧網線(ゆうもうせん)は日本国有鉄道が運営していた鉄道路線。北海道紋別郡上湧別町(現:湧別町)の中湧別駅で名寄本線から分岐し、サロマ湖、オホーツク海、能取湖等...
三菱鉱業美唄鉄道線
三菱鉱業美唄鉄道線(びばいてつどうせん)は、北海道美唄市の美唄駅から三菱美唄炭鉱の事業所が存在した常盤台駅間を結んでいた三菱鉱業運営の鉄道路線である。 石狩...
恵庭森林鉄道6号橋
恵庭森林鉄道は北海道恵庭市にあった森林軌道。北海道唯一のインクラインで知られる。 昭和2年、王子製紙が漁川発電所建設の資材運搬のために軌道を敷設。昭和6年、恵...
美幸線
美幸線(びこうせん)は、国鉄が運営していた鉄道路線である。北海道中川郡美深町の宗谷本線美深駅を起点とし、同町内の仁宇布(にうぷ)駅に至る路線であった。 計画...
三井芦別鉄道(炭山川橋梁)
三井芦別鉄道(みついあしべつてつどう)は、北海道芦別市で鉄道事業を行っていた鉄道事業者、あるいは同社が運営した芦別駅と頼城駅を結ぶ鉄道路線である。1989年(平...
広尾線(幸福駅、愛国駅)
広尾線(ひろおせん)は、日本国有鉄道(国鉄)が運営していた鉄道路線(地方交通線)。北海道帯広市の帯広駅で根室本線から分岐し、十勝平野を南下して広尾郡広尾町の...
松前線
松前線(まつまえせん)は、JR北海道が運営していた鉄道路線。北海道上磯郡木古内町(渡島支庁管内)の木古内駅で江差線から分岐し、松前郡松前町の松前駅を結んでいた...
天北線(敏音知駅)
天北線(てんぽくせん)は、日本国有鉄道が運輸営業していた鉄道路線である。北海道中川郡音威子府村の音威子府駅で宗谷本線から分岐し、枝幸郡浜頓別町等を経て稚内市...
定山渓鉄道線
定山渓鉄道線(じょうざんけいてつどうせん)は北海道札幌市白石区の東札幌駅(開業当初は白石駅)から南区の定山渓駅を結んでいた定山渓鉄道(現、じょうてつ)の鉄道...
羽幌炭礦鉄道・名羽線
羽幌炭礦鉄道(はぼろたんこうてつどう)は、かつて北海道苫前郡羽幌町に鉄道路線を有した民営鉄道。札幌証券取引所に上場していた。 羽幌炭鉱から産出される石炭を搬...
第三音更川橋梁
第三音更川橋梁鉄筋は日本北海道河東郡上士幌町に残る旧国鉄士幌線アーチ橋梁群の一つ。 コンクリートアーチ橋としては北海道一の大きさを誇る32m。1936年竣工、長さ71m。
羽幌線
羽幌線(はぼろせん)は、日本国有鉄道が運営していた鉄道路線。北海道留萌市の留萠駅で留萠本線から分岐して日本海に沿って北上し、天塩郡幌延町の幌延駅で宗谷本線に...
第五音更川橋梁
第五音更川橋梁は北海道河東郡上士幌町に残る旧国鉄士幌線アーチ橋梁群の一つ。 10mの無筋コンクリートアーチが連続し、音更川をまたぐところには23mのコンクリートア...
札沼線(新十津川~石狩沼田)
札沼線(さっしょうせん)は、北海道札幌市中央区の桑園駅から北海道樺戸郡新十津川町の新十津川駅までを結ぶ、JR北海道の鉄道路線である。 この札沼線のうち、新十津...
問寒別線(幌延町営軌道)
問寒別線(幌延町営軌道)は北海道幌延町にあった簡易軌道。宗谷本線問寒別駅より、問寒別川流域の入植促進を目的に敷設された。 1930年に、駅前から上問寒別(十六線...
栗山トンネル(室蘭本線旧線)
北海道夕張郡長沼町にある室蘭本線旧線の栗山トンネル。 複線の下り線として使われていたが、1990年にトンネルが土砂で崩落し、修復されることなく廃止された。
岩内線
岩内線(いわないせん)は、日本国有鉄道が運営していた鉄道路線。北海道岩内郡共和町の小沢駅で函館本線から分岐し、同郡の岩内町の岩内駅までを結んでいたが、1980年...
雄武トンネル(興浜線)
雄武トンネルは北海道紋別郡雄武町にある未成に終わった興浜線の廃隧道。 興浜線は国鉄が北海道紋別郡興部町の興部駅と枝幸郡浜頓別町の浜頓別駅間の間に計画していた...
王子軽便鉄道
王子軽便鉄道は、北海道苫小牧市の王子製紙苫小牧工場から千歳市烏柵舞(うさくまい)の千歳川上流に設けられた自社工場向け水力発電所や支笏湖畔とを結び、発電所の建...
幾春別森林鉄道(神泉隧道)
幾春別森林鉄道は北海道三笠市(旧・三笠町)にあった森林鉄道の通称。 1938(昭和13)年より運行。沿線に桂沢ダムが建設され、代替林道が建設されたこと、住民の転居...
歌登町営軌道
歌登町営軌道(うたのぼりちょうえいきどう)は、かつて北海道歌登町・枝幸町(2006年に両町が合併し現在は枝幸町)に存在した歌登町営の簡易軌道。 1929年に小頓別か...
寿都鉄道
寿都鉄道(すっつてつどう)は、北海道寿都郡黒松内町の黒松内駅から同郡寿都町の寿都駅を結んでいた鉄道路線、およびそれを運営していた鉄道会社。 寿都で獲れるニシ...
夕張鉄道線(北海道炭礦汽船夕張鉄道線)
夕張鉄道線(ゆうばりてつどうせん)は、夕張鉄道(のち北海道炭礦汽船)が運行していた鉄道路線である。 北海道石狩支庁管内江別市の函館本線野幌駅から、空知支庁管...
根室本線旧線 狩勝峠
根室本線(ねむろほんせん)は、北海道滝川市の滝川駅から帯広市および釧路市を経て根室市の根室駅を結ぶJR北海道の鉄道路線である。 狩勝峠(かりかちとうげ)とは、...
幌内線
幌内線(ほろないせん)は、国鉄およびJR北海道が運営していた鉄道路線。岩見沢駅で函館本線から分岐し三笠市の幾春別駅に至る本線と、同市の三笠駅から分岐し幌内駅に...
智東駅(宗谷本線)
智東駅(ちとうえき)は、北海道名寄市智恵文にあったJR北海道宗谷本線の駅。いわゆる秘境駅といわれていたが、2006年(平成18年)3月18日、正式に廃駅となった。 駅前...
五の沢橋梁(士幌線)
五の沢橋梁は北海道河東郡上士幌町にある旧国鉄士幌線のアーチ橋梁。 1955年完成、長さ7m。
第四音更川橋梁
第四音更川橋梁は北海道河東郡上士幌町に残る旧国鉄士幌線アーチ橋梁群の一つ。国道273号鱒見トンネル北西側に位置する。 音更川に架かるところは36mの鉄の桁橋だった...
芦別森林鉄道
芦別森林鉄道(あしべつしんりんてつどう)は、森林経営の合理化を図るために北海道芦別市内の国有林を伐採し搬出することを目的に昭和初期に敷設された鉄道。昭和9(19...
張碓駅
張碓駅(はりうすえき)は北海道小樽市張碓町にあったJR北海道函館本線の駅。 元々この地域は山が海に突き出すようにそびえ立つ難所で、絶壁にへばりつくような小道し...
千歳鉱山軌道
千歳鉱山軌道(千歳鉱業所坑外専用軌道)は北海道千歳市にあった鉱山軌道。千歳鉱山(千歳金山)から美笛川河口までの間の鉱石運搬を担った鉄道施設である。 昭和11年...
瀬棚線
瀬棚線(せたなせん)は、国鉄が運営していた鉄道路線。北海道渡島支庁(現在の渡島総合振興局)管内の山越郡長万部町の国縫駅で函館本線から分岐し、渡島半島を横断し...
旧・直別トンネル(根室本線)
旧・直別トンネルは北海道釧路市にある根室本線の旧隧道。現隧道の南側に位置する。
旧・厚内トンネル(根室本線)
旧・厚内トンネルは北海道十勝郡浦幌町にある根室本線の旧隧道。現隧道の北側に位置する。 1903(明治36)年開通。延長325m。1990年まで約90年間使われていた。スパン...
三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道
三菱鉱業芦別鉱業所専用鉄道は、北海道空知支庁管内芦別市の根室本線上芦別駅から、北方の辺渓三坑までの8.2kmを結んでいた三菱鉱業の専用鉄道である。三菱芦別炭鉱の閉...
函館本線旧線(神居古潭付近)
函館本線(はこだてほんせん)は、北海道函館市の函館駅から長万部駅、小樽駅、札幌駅を経由して旭川市の旭川駅を結ぶJR北海道の鉄道路線である。 函館本線旧線は、納...
留萠鉄道(ホロピリ湖の廃橋)
留萠鉄道(留萌鉄道、るもいてつどう)は、北海道雨竜郡(空知支庁管内沼田町)で鉄道路線を運営していた私鉄。沿線の炭鉱の閉山により、1969年に鉄道路線を休止、1971...
第二音更川陸橋
第二音更川陸橋は北海道河東郡上士幌町に残る旧国鉄士幌線アーチ橋梁群の一つ。 鱒見トンネルの西側に位置し、川を渡るのではなく音更川の絶壁に沿った陸橋である。 1...
第六音更川橋梁
第四音更川橋梁は北海道河東郡上士幌町に残る旧国鉄士幌線アーチ橋梁群の一つ。幌加温泉手前の国道から東に少し入ったところに位置する。 1938年竣工、長さ96m。
糠平川橋梁
糠平川橋梁は北海道河東郡上士幌町に残る旧国鉄士幌線アーチ橋梁群の一つ。 糠平ダムの建設により付け替えられた黒石平からメトセップまでの新線に建設された。 1955...
尺別炭山駅
尺別炭山駅は、北海道白糠郡(現・釧路市)音別町字尺別にあった、雄別炭礦尺別鉄道線の駅。 1920年(大正9年)1月22日開業。1970年(昭和45年)4月16日廃駅。 倒壊し...
岩保木山の廃踏切
北海道釧路郡釧路町の岩保木山の廃踏切。 地図はおおよその地点。詳細不明。
鴻紋軌道
鴻紋軌道(こうもんきどう)は、かつて北海道網走支庁管内の紋別郡紋別町(現紋別市)に存在した軽便鉄道路線である。鴻之舞軌道(こうのまいきどう)と呼ばれる場合も...
上目名駅
上目名駅(かみめなえき)は、北海道磯谷郡蘭越町にあった国鉄函館本線の駅。利用者僅少に伴い1984年(昭和59年)3月31日に廃駅となった。 駅舎跡が草薮に埋もれかけて...
伏古別隧道(室蘭本線旧線)
伏古別隧道は、北海道白老郡白老町にある室蘭本線旧線の廃隧道。
芦別線
芦別線(あしべつせん)は、日本国有鉄道(国鉄)が計画していた北海道芦別市の芦別駅から深川市の深川駅までを結ぶ予定だった鉄道路線(未成線)である。 工事は芦別 ...
第一日振トンネル・幌毛志トンネル(旧・富内線)
第一日振(だいいちひぶり)トンネルおよび幌毛志(ほろけし)トンネルは、北海道勇払郡の旧富内駅~旧幌毛志駅間にあったトンネル。 富内線は大正7年より建設した旧金...
第一岩知志トンネル(旧・富内線)
第一岩知志(だいいちいわちし)トンネルは、北海道沙流郡平取町岩知志にある旧富内線の廃トンネル。延長90m。 富内線は大正7年より建設した旧金山線の一部で、昭和61...
三の沢橋梁(士幌線)
三の沢橋梁は北海道河東郡上士幌町にある国鉄士幌線の橋梁。コンクリート3連アーチ橋。 国道273号線から見られる他、橋梁上を歩くこともできる。

ピックアップ廃墟