千歳鉱山軌道 概要・歴史

千歳鉱山軌道(千歳鉱業所坑外専用軌道)は北海道千歳市にあった鉱山軌道。千歳鉱山(千歳金山)から美笛川河口までの間の鉱石運搬を担った鉄道施設である。

昭和11年敷設、昭和27年に廃止、軌道が撤去された。

橋台跡、基礎跡などの遺構が見られる。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

千歳鉱山軌道 住所

北海道千歳市美笛

千歳鉱山軌道 種類

廃線・鉄道駅

千歳鉱山軌道 スポット

千歳鉱山軌道 関連ブログ・参考リンク

国道276号・美笛峠と支笏湖南岸の改良(前編)|道道資料北海道
http://www.dodoshiryo-hokkaido.info/specials/pickup/route276_bifue01.htm
美笛-千歳鉱山専用軌道の一考察』や『北海道地名大辞典』は、昭和34年=1959年としている)。開発道路の おそらく、千歳鉱山福神沢通洞坑から川沿いに進む道との合流点が「福神道路終点」でしょう(図2・3▽。 . 先述の通り、廃線跡が道路になります。
美笛‐千歳鉱山専用軌道の一考察 - 千歳市
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/shishi_hp/paper/sikotsu05_01.htm
守屋 憲治 千歳市史編集委員会専門部員, 1.千歳鉱山の概要 2.専用軌道と軌間 3.軌道の配線経路 · 4.ガソリン機関車と蒸気機関車 · 5.軌道の廃止 千歳鉱山軌道は、軌道敷設からわずか16年後の昭和27年に廃止、軌道が撤去された。明治41年から 
美笛‐千歳鉱山専用軌道の一考察 - 千歳市
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/shishi_hp/paper/sikotsu05_04.htm
廃線調査(まとめとして). 文末まで移動 ▽. 北海道森林管理局発行の『森林位置図』、千歳市道路台帳などによると次のように軌道跡をたどることができる。( )内は千歳鉱山軌道駅名。 (川口)→美笛12号線林道→美笛7号線林道 →国道276号【千歳橋】→( 
美笛‐千歳鉱山専用軌道の一考察 - 千歳市
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/shishi_hp/paper/sikotsu05_02.htm
軌道の配線経路. 文末まで移動 ▽. 千歳鉱山軌道の敷設特許と撤去許可の詳細は不明である。 昭和10年、本格操業に先立ちピプイ河口から、ピプイ、モシルンピプイ(以下、ピプイは「美笛川」)沿いを遡る幅員3間の道路が開削され、その年の10月初め頃から 
美笛‐千歳鉱山専用軌道の一考察 - 千歳市
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/shishi_hp/paper/sikotsu05_05.htm
美笛‐千歳鉱山専用軌道の一考察 ※画像をクリックすると拡大図が表示されます. 守屋 憲治 千歳市史編集委員会専門部員, 1.千歳鉱山の概要 · 2.専用軌道と軌間 · 3.軌道の配線経路 · 4.ガソリン機関車と蒸気機関車 · 5.軌道の廃止 · 6.廃線調査(まとめとして 

ピックアップ廃墟