伊原第一外科壕 概要・歴史

伊原第一外科壕は沖縄県糸満市にある戦争遺構。

陸軍病院が南部撤退後、糸数分室、津嘉山経理部、第一外科の勤務者が避難した壕である。

1945(昭和20)年6月17日、壕口付近に砲弾が落ち、病院関係者とひめゆり学徒たちが死傷した。

「ひめゆりの党」のすぐそばに位置するが、あまり人通りもなく壕の入り口だけが残っている。

状態
2019年06月11日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

伊原第一外科壕 住所

沖縄県糸満市伊原

伊原第一外科壕 種類

軍事施設・戦争遺構

伊原第一外科壕 画像・写真

伊原第一外科壕
伊原第一外科壕

伊原第一外科壕 ストリートビュー・空中写真

伊原第一外科壕 ブログ・リポート

何処か遠くへ 「伊原第一外科壕」
http://leepi.milkcafe.to/tabi/tabi-daiichigeka.htm
伊原第一外科壕 沖縄県糸満市伊原. 沖縄・南部戦跡を巡る旅。 国道331号線沿いに、 ひめゆりの塔へ向かっていた時。 道端にひっそりと立っている石碑があった。 「第一 外科壕入口」. ただそれだけ彫られた石碑、そしてその後ろに続いている細い道。 左を 向く
波平第一外科壕(ひめゆり学徒)
http://www.h2.dion.ne.jp/~uehara86/gama/namihira.html
東側に仲宗根政善先生引率の生徒を収容し、西側に看護婦、衛生兵、数名の生徒を 収容した壕で、ひめゆり学徒は5/27頃にはいっている。米軍が6/17同部落に迫ったため 同外科は伊原の第一外科壕(伊原糸数分室壕)に移動した。「ひめゆりの塔をめぐる 人々
沖縄遺骨収集参加記/ 「南部戦跡に膝をつきて」
http://www7a.biglobe.ne.jp/~bone/nikki-2012-13.html
今日は伊原にある「伊原第一外科壕」です。 国道331号線沿いにある「ひめゆりの塔」 から国道を200メートルぐらい糸満市内に向けて進むと、下の写真にある石の標識が あります。その標識を発見すればしめたもの、その標識から脇道に入り、農道になってい ます 
廃墟を旅する 【戦争遺跡・地下壕】伊原第一外科壕
http://haikyotabi.blog33.fc2.com/blog-entry-50.html
だが、この「伊原第一外科壕」というものを聞いたことはほとんど無い事と思う。実は、沖縄戦終盤の南部方面の戦いでひめゆり部隊が活動していたのは、なにもひめゆりの塔がある「第三外科壕」だけではないのである。 ひめゆり部隊の事を 
糸満 伊原第一外科壕跡 - としぼーのブログ!! - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/toshikatu0214/29158054.html
第一外科壕への案内板に従って路地を入ったところで、ガラス片を踏みつけ、自転車がパンクした。Oさんに修理してもらった。私は、門前の小僧を決め込む。 ものの100mも行かないところに、第一外科壕跡があった。ここは、ひめゆりの塔の 
冬の沖縄旅行② ~ ひめゆりの塔、伊原第一外科壕、荒崎海岸(ひめゆり
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroshikey66/58738925.html
(2月12日) 昼食を食べてからは摩文仁の丘にある平和祈念公園へ。 修学旅行生たちの姿も見られました。 それから近くにあるひめゆり祈念館へ。 2007年3月以来の訪問です。敷地内には多くの人たちの姿があり 館内では、南風原の陸軍 
伊原第一外科壕の風景:沖縄の風景
http://okinawanofukei.ti-da.net/e2828729.html
その、ひめゆりの塔から500メートルくらい離れた場所に、南風原町にある沖縄陸軍病院から撤退してきたひめゆり学徒隊の一部の方が身を潜めた、伊原第一外科壕跡があります。 伊原第一外科壕は、大勢の観光客が訪れる伊原第三外科壕 

ピックアップ廃墟