走水洞窟陣地 概要・歴史

走水洞窟陣地は神奈川県横須賀市にある狙撃用洞窟陣地跡。本土決戦に備えて太平洋戦争末期に構築された。横須賀鎮守府所属の特別陸戦隊が配置されたという。

3箇所狙撃口が設けられているが、内2箇所は鉄筋コンクリートを打つ溝まで完成しており、1箇所は構築中であったらしい。

状態
2011年09月15日作成  2019年05月17日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

走水洞窟陣地 住所

神奈川県横須賀市馬堀海岸

走水洞窟陣地 種類

軍事施設・戦争遺構

走水洞窟陣地 関連ブログ・参考リンク

Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 走水洞窟陣地
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-64.html
先日行ったときにはだめだめだった走水。榴弾砲さんとyakumoさんにアクセス方法を教えてもらったので、早速行ってきた。走水海岸を桟橋に向かって歩いていく。向こうに見える山の中に走水洞窟陣地が構築されているという。海岸に沿って歩いていると、煉瓦のかたまりがいくつ
走水の洞窟・防空壕(走水洞窟陣地) - 観音崎の戦争遺跡 | トラベル - [ありの木]
http://www.arinoki.com/travel/kannon/page03.shtml
観音崎からバスで海岸沿いに移動し、走水と呼ばれる地区に向かいました。ここには、明治以降に要塞が築かれ、砲台や陣地の痕跡が今も残っています。今回は、戦時中に使われた洞窟陣地を訪れました。バスで伊勢町に移動。旅館「やまに」の横を通って海へ。「伊勢町」バス停で下車し
とある戦跡と自衛隊 走水狙撃陣地
http://yakumo1100.blog.fc2.com/blog-entry-45.html
神奈川県横須賀市の走水海岸にある、狙撃陣地。走水狙撃用洞窟陣地とも呼ばれる。走水の海岸に上陸する連合軍を狙撃する為に作られているが、途中で終戦となった様だ。狙撃室が3つ確認できるが、開口しているのは1つだけ、しかも他の1つは何故か山側に向いてる。開口していない
走水狙撃用洞窟陣地
http://www.geocities.jp/tcdnh830/yousai/newdata/hashi.html
伊勢町海岸から馬堀にかけて上陸する敵を側射する陣地。3箇所狙撃口が設けられているが、内2箇所は鉄筋コンクリートを打つ溝まで完成している。また1箇所は掘鑿途中であることからみて、構築中であったことが推測される。見かけより大規模な壕である。いただいた情報では、第1
ふぉーとれす 走水狙撃用洞窟陣地
http://senseki739.blog118.fc2.com/blog-entry-136.html
横須賀市走水(破崎)には本土決戦に備えて太平洋戦争末期に構築された狙撃用洞窟陣地がある。当時は横須賀鎮守府所属の特別陸戦隊が配置されたと思われる。ここは以前来たことがあったが、今回久しぶりに再訪してみた。海岸を歩いていると第一海堡が見えたので撮影。雲の間からの
Digital Artworks TeeART Blog. [戦跡] 走水低砲台・走水洞窟陣地・長者ヶ浜砲台だめだめレポート
http://teeart.blog107.fc2.com/blog-entry-63.html
前日まで降り続いた雨も止んだので走水低砲台を探索に行った。しかし、今回の探索はほとんど成果無しのだめだめレポートである。ということで、早速走水低砲台のある旗山崎に行ってみると、当時のものと思われる石造りの階段があった。階段を上がると、鍵のかかった柵があった。お

ピックアップ廃墟