神奈川県 軍事施設・戦争遺構 廃墟一覧

猿島要塞
猿島要塞(猿島砲台)は、東京湾に浮かぶ無人島、猿島(さるしま)に建設された要塞。神奈川県横須賀市に属する。 猿島砲台は、東京湾の首都防衛拠点、東京湾要塞の一...
だんだん砲台
観音崎 北門第二砲台跡
観音崎 北門第二砲台跡は、神奈川県横須賀市にある旧日本軍の砲台跡。通称「だんだん砲台」。 1880(明治13)年起工、1884(明治17)年竣工。1925(大正14)年除籍。 ...
観音崎 北門第一砲台跡
観音崎・北門第一砲台跡は、神奈川県横須賀市にある戦争遺構。東京湾要塞群の一つ。 1880(明治13)年起工、1884(明治17)年竣工。東京湾を防御する要塞として建設さ...
第二海堡(東京湾要塞)
第二海堡は東京湾周辺の防衛を目的に設置された要塞・東京湾要塞の一部として建設された人工島。 東京湾要塞とは、東京湾周辺の防衛を目的に設置された要塞で、東京湾...
黒崎狙撃用洞窟陣地、黒崎砲台(三戸浜北洞窟陣地)
黒崎狙撃用洞窟陣地(三戸浜北洞窟陣地)は神奈川県三浦市にある黒崎の鼻と言われている岬にある旧軍遺構。 岬の南側に洞窟砲台があり北側の岩崖に狙撃用洞窟陣地があ...
野島地下壕
野島地下壕は神奈川県横浜市金沢区にあった地下壕。現在の野島公園の地下に位置する。 横須賀海軍航空隊により終戦間際の掘削された。航空機を空襲から守るために作ら...
三軒家砲台
三軒家砲台は神奈川県横須賀市の観音崎にあった砲台。 1896(明治29)年竣工。1923(大正12)年に関東大震災により損傷、1927(昭和2)年に復旧。1934(昭和9)年除籍...
貝山地下壕
貝山地下壕は、神奈川県横須賀市にある戦争遺構。海軍航空技術廠の貝山地下司令部跡であった。 A地区・B地区・C地区の3つのエリアに分かれた多層構造で、坑道は総...
城ヶ島砲台
城ヶ島砲台は神奈川県三浦市の城ヶ島にあった砲台・要塞。 除籍となった戦艦安芸の主砲45口径25cm連装砲塔2基などが設置されていた。 城ヶ島公園の駐車場中央で砲座跡...
比与宇地下壕
比与宇地下壕は神奈川県横須賀市にあった弾薬・火薬庫。正式名称は「横須賀海軍軍需部比与宇火薬庫」である。 総延長2326.8mの地下壕が比与宇トンネルを挟んで北側と南...
浜諸磯狙撃用洞窟陣地、浜諸磯洞窟砲台
浜諸磯狙撃用洞窟陣地、浜諸磯洞窟砲台は神奈川県三浦市にある戦争以降。 浜諸磯洞窟砲台は15cmセンチカノン砲を2門設置した洞窟砲台で、第一砲座は別荘となっているが...
西浦砲台
西浦砲台は神奈川県横須賀市にあった旧陸軍施設。 陸軍により1921(大正10)年に竣工したが、地盤不良の為に備砲前に計画中止。更に関東大震災により大きな被害を受け...
千代ヶ崎砲台
千代ヶ崎砲台は神奈川県横須賀市にあった三浦半島最大の砲塔砲台。 1895(明治28)年竣工。戦艦「鹿島」の30cmカノン砲塔が設置されていた。 地下構造物、砲座跡、弾...
夏島地下壕
夏島地下壕(夏島海軍壕)は神奈川県横須賀市にある巨大地下壕跡。 夏島貝塚(国指定史跡)がある山の地下にある。地下壕部分は最大のもので幅20m、高さ8m、壕の全長は...
観音崎水中聴音所(水中聴測所)
観音崎水中聴音所(水中聴測所)は神奈川県横須賀市にあった旧軍施設。 敵潜水艦を捕捉するための施設で、直径4.5メートルの円形オープンケーソンを海中に沈め、発受信...
観音崎 北門第三砲台跡
観音崎 北門第三砲台跡は、神奈川県横須賀市にある旧日本軍の砲台跡。 1884(明治17)年6月竣工。二十八センチ榴弾砲4門を備えた。1925(大正14)年7月除籍。 現在「...
田奈弾薬庫
田奈弾薬庫は、神奈川県横浜市青葉区にあった旧日本軍弾薬庫で、正式には「東京陸軍兵器補給廠田奈部隊・同填薬所」。 1941年に建造され、終戦後米軍に接収され引き続...
高抜狙撃用洞窟陣地、蛭田の鼻狙撃用洞窟陣地
高抜狙撃用洞窟陣地、蛭田の鼻狙撃用洞窟陣地は神奈川県三浦市にある戦争遺構。 小規模な洞窟陣地が近接して設置され、海岸にある高抜狙撃用洞窟陣地が低所を、蛭田の...
走水洞窟陣地
走水洞窟陣地は神奈川県横須賀市にある狙撃用洞窟陣地跡。本土決戦に備えて太平洋戦争末期に構築された。横須賀鎮守府所属の特別陸戦隊が配置されたという。 3箇所狙撃...
キュウハ沢のエンジン
神奈川県相模原市の東丹沢山中キュウハ沢に戦闘機のエンジンが残っている。 旧陸軍4式戦闘機「疾風」のエンジンだと言われている。
三崎砲台(岩堂山観測所)
三崎砲台(岩堂山観測所)は神奈川県三浦市にあった旧軍施設。 東京湾要塞の一部として大正10年竣工。七年式30cm長榴弾砲4門備えたが、 大正12年関東大震災により損傷...
横浜海軍航空隊遺構
横浜海軍航空隊および1942年11月1日より改称した第八〇一海軍航空隊は、日本海軍の部隊の一つ。海軍初の飛行艇部隊として、外洋偵察・哨戒行動に従事した。 現在の富岡...
江ノ島砲台
江ノ島砲台は、神奈川県藤沢市の江の島に残る旧日本軍の砲台跡。 江ノ島は大戦末期に要塞化され、島の東岸と西岸に砲台が設置された。西岸には海軍砲2門と複数の洞窟陣...
日吉台地下壕
日吉台地下壕は神奈川県横浜市港北区にある戦争遺構。 昭和19年、慶應義塾では日吉第1校舎、寄宿舎等を海軍に貸与することとなった。第1校舎には軍令部第3部、人事局、...
剣崎砲台、大浦探照灯格納庫
剣崎砲台、大浦探照灯格納庫は神奈川県三浦市にある戦争遺構。 大正15年設置。15cmカノン砲塔が2基(4門)100m間隔で配置されていた。 現在は、畑の中に砲塔を固めて...
三戸海岸南洞窟陣地(三戸浜南洞窟陣地)
三戸海岸南洞窟陣地(三戸浜南洞窟陣地)は神奈川県三浦市にある戦争遺構。海岸に上陸する敵を北側の陣地と挟撃する構造だった。
海龍油壺基地
油壺特攻基地は神奈川県三浦市にあった旧軍施設。横須賀鎮守府第11突撃隊が置かれた。特攻艇「震洋」と有翼特殊潜航艇「海龍」の基地だった。 地下壕跡などが残る。 ...
衣笠高角砲台
衣笠高角砲台は神奈川県横須賀市にあった横須賀海軍警備隊の施設。 アクセス困難だが、高角砲座3基のほか、指揮所と思われる建物跡、トーチカ、高射機銃掩体1基などが...
衣笠弾薬本庫
衣笠弾薬本庫は神奈川県横須賀市にあった旧陸軍施設。 東京湾要塞の弾薬本庫として昭和9年に造られたコンクリート製洞窟式弾薬庫である。完全防湿の洞窟式弾薬庫で、建...
船越地下軍需工場
船越地下軍需工場は神奈川県横須賀市にあった旧海軍の軍需工場。正式には横須賀海軍工廠造兵部船越地下工場。1941年に開設された横須賀海軍工廠造兵部の地下疎開工場だ...
富浦公園の遺構
神奈川県横須賀市にある富浦公園の砂浜に、コンクリート製の構造物が3基残されている。ケーソン状のもの、円柱に方形構造物が接続されたもの、トーチカ状のもののがある...
花立新砲台観測所
花立新砲台観測所は神奈川県横須賀市にある戦争遺構。 花立台保塁砲台の東側部分に建設されたもので、正式には陸軍重砲兵学校花立台演習砲台。昭和10年に四五式十五糎...
小原台演習砲台
小原台演習砲台は神奈川県横須賀市にあった砲台。要塞砲兵幹部練習所(後の重砲兵学校)の海岸演習用砲台だった。1895(明治28)年竣工。 現在は防衛大学校敷地内に位...
富士壕、桜壕(横須賀市)
富士壕、桜壕は神奈川県横須賀市の京急横須賀中央駅近く、龍本寺そばの崖にあった地下壕。 大戦時に油脂類の倉庫として使われていたという。 法面が擁壁工事によって...
長者ヶ崎砲台
長者ヶ崎砲台は神奈川県三浦郡葉山町にあった旧軍施設。横須賀市との境界付近に位置する。 40口径41式15cm砲各1門2基の砲台であり、砲室2ヶ所は今も残っている。 砲台...
観音崎トーチカ
観音崎トーチカは神奈川県横須賀市にある戦争遺構。観音崎自然博物館駐車場そばの道路沿い、たたら浜の前にある。 長さ約8m、幅約4m、高さ約2mの 鉄筋コンクリート製半...
米ヶ浜砲台
米ヶ浜砲台は神奈川県横須賀市にあった演習砲台。 明治24年。二十八センチ榴弾砲6門を備える砲台として竣工。大正2年廃止。昭和2年より関東大震災により破損した田戸演...
浦賀狙撃用洞窟陣地
浦賀狙撃用洞窟陣地は神奈川県横須賀市にある戦争遺構。地下壕跡が残る。 壕口のすぐ横にファッションセンターしまむらの会長が別荘を建てているが、壕口自体は無事ら...
相模海軍工廠(西寒川駅)
西寒川駅(にしさむかわえき)は、神奈川県高座郡寒川町一之宮にあった国鉄相模線支線の駅である。1984年に支線の廃止に伴い廃止された。 西寒川駅の跡は「八角広場」...
三ツ石(誘導弾標的)
三ツ石(誘導弾標的)は神奈川県足柄下郡真鶴町にある戦争遺構。 第二次大戦末期に研究・試作されたイ号一型乙無線誘導弾(現在でいう空対艦ミサイル)の投下実験が行...
長浜海岸狙撃用洞窟陣地
長浜海岸狙撃用洞窟陣地は神奈川県横須賀市にあった旧軍施設。 黒崎狙撃用洞窟陣地と十字砲火を形成する構造だったらしい。笹薮の中腹に壕跡が残る。 地図はおおよそ...
馬堀狙撃用洞窟陣地
馬堀狙撃用洞窟陣地は神奈川県横須賀市にあった旧軍施設。 埋立前は山裾まで海であり、その岩崖に陣地が構築されていた。脆い地盤に作られている。 地図はおおよその...
六浦地下工場
六浦地下工場は神奈川県横浜市金沢区の横浜市立大学そばに残る地下軍需工場跡。 弾薬が製造されていたらしく、山の上には四つの貯水槽が今も残る。
陸軍歩兵第四〇一連隊坑道
陸軍歩兵第四〇一連隊坑道は、神奈川県藤沢市にある抵抗拠点陣地。本土決戦に備えて掘削された。 龍口寺境内の裏山にある。 2018年頃になり寺院によりトンネル入口が...
登戸研究所(第九技術研究所)
登戸研究所(のぼりとけんきゅうじょ)は、神奈川県川崎市にかつて存在した研究所。大日本帝国陸軍が所管し、各種兵器の開発研究を行った。正式名称は「第9陸軍技術研究...
披露山高射砲陣地(披露山公園)
披露山高射砲陣地は神奈川県逗子市の披露山の頂上にあった海軍の高射砲陣地。 3基の高射砲砲座と監視所が設けられていた。 1958年に公園として整備された。 監視所の...
伏龍洞窟陣地
伏龍洞窟陣地は神奈川県鎌倉市にあった旧軍施設。横須賀海軍鎮守府稲村ヶ崎伏龍洞窟陣地。 伏龍(ふくりゅう)は、第二次世界大戦末期の大日本帝国海軍による特攻兵器...
上瀬谷通信施設
上瀬谷通信施設(かみせやつうしんしせつ)は神奈川県横浜市旭区上川井町と瀬谷区北町・瀬谷町にあった在日アメリカ海軍基地。「上瀬谷基地」とも呼ばれる。 1945(昭...
武山高角砲台(通研山砲台)
武山高角砲台(通研山砲台)は神奈川県横須賀市の大塚山(通称・砲台山)にある旧海軍の砲台跡。 当初は8cm高角砲が3門設置されていたが、昭和20年に12.7cm連装高角砲2...
横須賀海軍空技廠浦郷地下工場
横須賀海軍空技廠浦郷地下工場は神奈川県横須賀市にある戦争遺構。 1944年から実際に稼動していた兵器工場で、総延長13km、総面積4万m2と大規模な地下工場だった。数千...
小坪砲台
小坪砲台は神奈川県鎌倉市から逗子市にかけて残る戦争遺構。 南北に一門ずつの砲座を持っていたが、南側の砲座は擁壁工事により埋まってしまっており、北側の砲座は防...
波島砲台
波島砲台は神奈川県横須賀市にあった砲台。 横須賀軍港防御のため、湾口東端の波島崎に築かれた。明治23年竣工、24糎加農砲2門を備えた。大正4年除籍。 除籍後、海軍...
西鎌倉の銃眼
神奈川県鎌倉市のモノレール西鎌倉駅前にある機銃陣地の銃眼跡。内部は水没しているらしい。
逗子狙撃用洞窟陣地
逗子狙撃用洞窟陣地は神奈川県逗子市にあった旧軍施設。 逗子海岸に来襲する敵に対して北と南で挟撃するための陣地。蘆花記念公園の駐車場付近に壕口がある。 地図は...
走水低砲台、走水新砲台、走水高砲台
走水第三砲台は神奈川県横須賀市にあった旧軍施設。 走水低砲台は明治18年起工、明治19年竣工。後に走水第一砲台と改称。終戦まで可動状態にあったため、砲座や弾薬庫...
横須賀海軍鎮守府鳥ヶ崎洞窟砲台(かもめ団地の砲弾試験用着弾場)
神奈川県横須賀市にある横須賀海軍鎮守府鳥ヶ崎洞窟砲台(かもめ団地の砲弾試験用着弾場)。 海上自衛隊の鳥ヶ崎官舎裏手に巨大な掩蔽壕が残っている。
秋谷洞窟陣地
秋谷洞窟陣地は神奈川県横須賀市にあった旧軍狙撃陣地。 地図はおおよその地点。
青根防空監視哨
青根防空監視哨は神奈川県相模原市にある戦争遺構。青根小学校の裏山に位置する。
大浦震洋格納壕
大浦震洋格納壕は神奈川県三浦市にある旧軍遺構。 海岸沿いに特攻艇「震洋」が格納されていたという壕が残る。

ピックアップ廃墟