観音崎ボードウォーク前の構造物 概要・歴史

神奈川県横須賀市走水にある観音崎ボードウォーク前の構造物

観音崎京急ホテル前の海岸に、コンクリート塊を2本の大きな鉄管が貫く構造物が残っている。

当地は観音崎北門第一砲台などの砲台群からもほど近く、戦時中は民間人の立入りができない要塞地帯だった。

この構造物もなんらかの軍事遺構と見られるが、正体不明である。

(この構造物についての何らかの情報をお持ちの方は、こちらよりご連絡頂けると幸いです)

状態
2019年07月01日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

観音崎ボードウォーク前の構造物 住所

神奈川県横須賀市走水

観音崎ボードウォーク前の構造物 種類

軍事施設・戦争遺構

観音崎ボードウォーク前の構造物 画像・写真

観音崎ボードウォーク前の構造物
観音崎ボードウォーク前の構造物
観音崎ボードウォーク前の構造物

観音崎ボードウォーク前の構造物 ストリートビュー・空中写真

観音崎ボードウォーク前の構造物 ブログ・リポート

観音崎の砂浜に横たわる 謎の戦争遺跡(?)(横須賀市) - みうけんのヨコハマ原付紀行
https://www.miuken.net/entry/2019/07/01/000549
初夏の日差しもまぶしい日、観音崎の海沿いを走る県道209号線、通称観音崎通りを南下していくと、左手には観音崎京急ホテルがあるが、その裏手の海に面した部分は磯の合間に小さな砂浜が形成されてたくさんの海藻を打ち上げ、この辺りの海の豊かさを物語っているかのようである

ピックアップ廃墟