日吉台地下壕 概要・歴史

日吉台地下壕は神奈川県横浜市港北区にある軍事遺構。

太平洋戦争中の1944(昭和19)年3月、戦局の悪化に伴い、、慶應義塾大学日吉キャンパス第一校舎を海軍軍令部第三部が使用することになった。その後、海軍省人事局功績調査部の兵舎として使用されるようになり、寄宿舎は連合艦隊司令部に転用、その地下に作戦室や司令長官室などを含む連合艦隊司令部地下壕が作られ、続いて海軍省人事局・航空本部の地下壕が構築されていった。

神風特攻隊が初めて出撃したレイテ作戦の命令や戦艦「大和」の出撃命令も、日吉の地下壕から発せられたという。

現在は慶応義塾高校となっている第一校舎を曲がりこんだ先、蝮谷(まむしだに)地下壕入口がある。

地元の有志による「日吉台地下壕保存の会」が月に一度一般公開を行っている。

状態
2011年09月15日作成  2019年05月27日更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

日吉台地下壕 住所

神奈川県横浜市港北区箕輪町

日吉台地下壕 種類

軍事施設・戦争遺構

日吉台地下壕 関連ブログ・参考リンク

廃墟昔話 Ruins old tale ~思い出ぽろぽろ~
http://www.geocities.jp/tanken_bouken_sansaku/war_hiyoshi.htm
その他にも慶應大学日吉キャンパス内の大学予科第一校舎(軍令部第三部)、軍令部三部(情報部)退避壕、航空本部地下壕、東京通信隊地下壕の壕口跡、 耐弾式竪穴坑や軍令部第三部の使用したチャペル、連合艦隊司令部の入った寄宿舎も見学する事が 
日吉台地下壕
http://www5b.biglobe.ne.jp/~a-uchi/haibutu/index5d.html
・・・キャンパスに残る廃なもの(Ⅱ)・・・明治大学生田キャンパスと東京家政大学板橋キャンパスにつづいて、慶應義塾大学日吉キャンパスに残る戦争遺跡についてのレポートです。横浜市港北区日吉台のここには旧帝国海軍の連合艦隊司令部のおかれた地下壕がありました。「日吉台
http://www.jca.apc.org/~p-news/hiyoshi.html
「旧海軍極秘地下施設―日吉台地下壕―」以下はフィールドワーク当日の見学会前に行った日吉台地下壕についての学習会レジメである。(日吉台地下壕保存の会発行のパンフレットを参考に作成した。)1.日吉台地下壕とは「本土決戦」準備1944年6月のマリアナ沖海戦の敗北と、
日吉台地下壕に行ってきました。: 五大路子 夢を紡いで - ココログ
http://hamonika.cocolog-nifty.com/godai/2014/07/post-e347.html
日吉台地下壕-旧海軍連合艦隊司令部が置かれていた防空壕に行ってきました。 Img_7160 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。 222 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。 防空壕の中は暑い外とはうってかわり、冷んやりと冷たい空気が流れていました 
旧帝国海軍日吉台地下壕: 遠からん者は音にも聴け
http://iidaco.cocolog-nifty.com/otonimokike/2014/08/post-acec.html
旧陸軍登戸研究所資料館」の次は「旧帝国海軍日吉地下壕」の見学へ。総延長2600mの大地下壕の建設開始は、サイパン島が陥落して本土空襲が始まった1944年7月。終戦のわずか一年前。だから連合艦隊司令部となったここから戦艦 
日吉台地下壕 | 藤崎浩太郎
http://www.fujisakikotaro.jp/blog/activity/entry1711.html
本日(6/25)午前中は、横浜市会こども青少年・教育委員会として「日吉台地下壕」の視察に行ってきました。 日吉台地下壕は、慶応大学日吉キャンパスの敷地内にあります。1944年7〜8月に建設が行われ、連合艦隊司令部などが置かれた 
日吉台地下壕|偉い人にはそれがわからんのです。 - アメーバブログ
http://ameblo.jp/agape6542/entry-11440991293.html
日吉台地下壕-11月の某日、日吉の慶応義塾大学に行ってきました。 旧日本海軍・連合艦隊指令部の地下壕跡を見るために。 今も使われている第1校舎 おなじみの慶応マークの右隣.
日吉台地下壕見学 みずきの伝言板/ウェブリブログ - ブログのトップへ
http://52193948.at.webry.info/201401/article_5.html
みずきの伝言板の日吉台地下壕見学に関する詳細記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)戦争末期に帝国海軍は連合艦隊司令部のために横浜市・日吉に地下壕を作ったという話は聞いたことがあった.
日吉台地下壕: 超低空飛行翻訳家の日々 - konohazuku - ココログ
http://konohazuku99.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-2969.html
日吉台地下壕. 東横線日吉駅前の慶大地下に. 戦時中、実際に使われていた連合艦隊の作戦司令部があった。 一ヶ月にいっぺん、縦横無尽に張り巡らされた. 地下壕の一部を見学させてくれるというので、参加してきた。 Cimg2756.

ピックアップ廃墟