富浦公園の遺構 概要・歴史

神奈川県横須賀市にある富浦公園の砂浜に、コンクリート製の構造物が3基残されている。ケーソン状のもの、円柱に方形構造物が接続されたもの、トーチカ状のもののがある。

戦時中に武山海兵団がおかれていた場所で、旧軍関連遺構と見られているが、詳細不明。

航空写真からも確認できる。

状態■■
2019年03月10日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

富浦公園の遺構 住所

神奈川県横須賀市長井1丁目

富浦公園の遺構 種類

軍事施設・戦争遺構

富浦公園の遺構 画像・写真

富浦公園の遺構
富浦公園の遺構
富浦公園の遺構

富浦公園の遺構 ストリートビュー・空中写真

富浦公園の遺構 ブログ・リポート

東京湾要塞探検記録
http://www.geocities.jp/tcdnh830/hozon1.html
武山海兵団遺構?富浦公園の砂浜に、コンクリート製の構造物が3基残されています。武山海兵団があった場所でもあり、戦時中のものと思われます。ケーソン状のもの、円柱の背後に方形構造物が接続したもの、トーチカ状のものの3基です。写真は、トーチカ状のもので、内部は部屋ら
ふぉーとれす 富浦公園 謎の遺構
http://senseki739.blog118.fc2.com/blog-entry-120.html
横須賀市長井の富浦公園に謎の遺構がある。公園に入り、砂浜に行くとそれは存在している。コンクリート製の遺構が3基並ぶ。①長方形の遺構。鉄筋コンクリート製。壁に穴があき、かなり損傷している。内部に入る。天井部も損傷しており、穴があいている状態。ボルト付の台座がある
富浦公園脇の海岸に残された謎の建造物(横須賀市) - みうけんのヨコハマ原付紀行
https://www.miuken.net/entry/2019/03/08/003000
横須賀市長井には、陸上自衛隊の武山駐屯地・海上自衛隊の横須賀教育隊があるが、この駐屯地は戦前までは旧日本海軍の武山海兵団(昭和19年までは「横須賀第二海兵団」)が置かれていた場所である。この武山駐屯地の南側には知る人ぞ知る景勝地でもあり市民の憩いの場として富浦

ピックアップ廃墟