茂倉鉱山 概要・歴史

知られざる石膏鉱山

茂倉鉱山は山梨県南巨摩郡早川町にあった鉱山。

明治39年試掘。鉱業権は転々とし、昭和12年より土肥鉱山が管理した。

前山・後山の二つから構成され、1931(昭和6)年に後山が開山。金・銀・鉛・亜鉛が採掘されたが1936(昭和11)年閉山。

1938(昭和13)年頃に後山が開山、主に石膏が採掘された。一時衰退するも、鉱山復興会議で重要指定工業所となり再興、昭和30年代前半に最盛期を迎え、一日60~70tの石膏を産出、茂倉集落には400人もの人が住んだという。

その後輸入鉱石の増加に伴い、1968(昭和43)年頃閉山。

前山の四つの坑道の一部は茂倉集落の直下付近まで伸びているという。トロ道と呼ばれるトロッコ軌道が整備され、架線場に集められた鉱石は索道で県道沿いの中洲集落へと送られていた。

事務所跡の基礎、作業小屋や山神様、火薬庫、架線場跡、巻き上げ機台座、封鎖された坑口跡など、多くの遺構が見られる。

状態
2019年06月05日 更新

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は厳に慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

茂倉鉱山 住所

山梨県南巨摩郡早川町新倉

茂倉鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

茂倉鉱山 画像・写真

茂倉鉱山

茂倉鉱山 ストリートビュー・空中写真

茂倉鉱山 スポット

茂倉鉱山 関連ブログ・参考リンク

茂倉鉱山(早川町)【前編】: たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2015/06/post-0682.html
山梨県早川町の辺りは鉱山跡が多いところ。奥沢金山など武田黄金伝説が残るものもあるが、ここ茂倉(もぐら)鉱山は残念ながら金を産出した訳ではない。戦争の槌音が間近となった1938年(昭和13年)頃、経済封鎖による資源不足を解決する策としてこの山から主に石膏石を産出
茂倉鉱山(早川町)【後編】: たなぼた
http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2015/06/post-9185.html
茂倉鉱山(早川町)【前編】から続く。茶色い水をたたえたかつての坑口の脇には、古びたトラロープが上方に向けて設置されていた。なんだ、これを見つけて辿ってくれば簡単に斜面上部からここまで来れたんじゃん。近くの樹にリボンでもあればすぐに気が付くのに……。とはいえ、こ
茂倉鉱山全貌解明
http://fm-hayakawa.net/assets/files/NO63.pdf

ピックアップ廃墟