帝釈鉱山は、兵庫県神戸市北区にあった鉱山。帝釈山の南斜面の山腹に位置する。 金・銅・鉛・石膏・螢...

帝釈鉱山

帝釈鉱山 概要・歴史

帝釈鉱山は、兵庫県神戸市北区にあった鉱山。帝釈山の南斜面の山腹に位置する。 金・銅・鉛・石膏・螢...

帝釈鉱山 画像

By 松岡明芳 via https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Tunnel_of_Mt.Taishaku_mine_%E5%B8%9D%E9%87%88%E9%89%B1%E5%B1%B1%E5%9D%91%E9%81%93%E8%B7%A1_%E7%A5%9E%E6%88%B8%E5%B8%82%E5%B1%B1%E7%94%B0%E7%94%BA_DSCF4976.jpg

近くのスポット

帝釈鉱山 ストリートビュー・空中写真

帝釈鉱山 関連ブログ・参考リンク

http://www.geocities.jp/yamaaruki17/taisyaku.html
鉱山として長い歴史を持つ帝釈鉱山の跡地を訪ねてみた。 帝釈山・帝釈鉱山跡・ 丹生山(お勧め度★☆☆) 丹生山系【6-11】 . 左手側に谷川を見ながら進んで行くと、 前方に赤茶けた廃鉱らしきものが山積みされた場所が見えてきた(写真上)。その堆積 物の
http://17.pro.tok2.com/~vems/50/taishakusan/taishakusan.html
2003年12月31日 丹生山、帝釈山の分岐点から見た帝釈山山頂。 このガレ場で水晶の小さいのを拾えた ものだが、 今回は収穫ゼロ。 入口が狭くて入る気にもなれない廃坑入口。 鉱山跡経由 で1時間10分で山頂へ。 南面だけであるが丹生山より随分展望が
http://members.jcom.home.ne.jp/suzukims/yama4.htm
八総鉱山では最盛期に2300人以上が生活していたというが、1969年に操業を停止し 廃鉱となった。 いっぱいになりそうな小さな山頂だが展望は雄大、晴れていれば七ケ 岳、田代・ 帝釈山をはじめとして、那須、日光、尾瀬の山々など360度の眺めが楽しめる 。
http://blogs.yahoo.co.jp/niuyamada/31377727.html
2008年2月12日 イメージ 9. 久しぶりの帝釈鉱山と梵天滝。梵天滝を登り上流へと進む。 イメージ 10. イメージ 11. 尾根筋のケモノ道。センサーカメラ欲しー。 →http://www.marif.co.jp/ sensor_camera/main.html. イメージ 12. 旧版地図をみると、帝釈山の北面
http://21846851.at.webry.info/201206/article_3.html
2012年6月7日 今回はそこから反対方向の、帝釈山~丹生山の西へ向かい、下山は一般的な表参道 ではなく、ややハードな義経道を選びました。 . 鉱山の廃坑跡へ通ずる道もあるようで 、道を間違えそうになったと言うのは其方へ行こうとしていたようです。
http://vems.michikusa.jp/50/taishakusan/taishakusan.html
[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。 昔、山に興味のない頃に二回、水晶を拾いに行った帝釈鉱山跡に行ってみるが、40分程探しても水晶は
http://17.pro.tok2.com/~vems/50/089%20tanjyousan-3/tanjyousan-3.html
帝釈山鉱山跡 鉱山跡からの急登が本当に急登だったのかを確認したくて帝釈山に来たのだが、鉱山跡への道は荒廃していたので見逃してしまった。その後は分岐が沢山出て来るので、どこをどう歩いているのか判らない状態となり、道
http://tessinsaihouraku.web.fc2.com/h21taisyakusan.htm
鍛冶屋山へ行く 帝釈山 鉱山道より 5月5日 行程 駐車地 → 鉱山跡 → 主尾根 → 帝釈山 → 丹生山 → 駐車地 9時46分 10時33分 11時7
http://www14.plala.or.jp/niu_yamada/taishakuK.htm
Top Page 名所・旧跡 Top 帝釈鉱山(*18)(*21)(*30)(坂本) 帝釈山の南斜面の山腹に帝釈鉱山跡がある。 かつては長谷銅山と呼ばれ、昭和初期の頃から帝釈鉱山と呼ばれるようになり、太平洋戦争中に国策もあって年364t(昭和18
http://tessinsaihouraku.web.fc2.com/h24taisyakusan.htm
鍛冶屋山へ行く 帝釈山 丹生山 鉱山道 3月20日 行程 駐車地 → 梵天滝 → 帝釈山 → 丹生山 → 駐車地 12時9分 12時46分 1時27分 2時12
http://www.kobe.zaq.jp/kakidousi/tanjyousan.taisyakusan.html
夏草が繁った、踏み跡の細い道を行く。 北山川を渡ると、帝釈山への登山路に なるが、少し歩くと分岐がある。 直進すると帝釈山への登りだが、左折 すると鉱山跡へ向かう道である。 少し行くと、採掘残土の赤茶けたボタ山
http://homepage3.nifty.com/sizenmaruoka/page053.html
鉱山道・梵天滝・帝釈山 ・・・ヤブツバキの目立つ樹間の小径を進むと、赤茶けた廃鉱が堆積するテラスへ上がる る。むかし多田源氏が支配していたと伝える帝釈鉱山 の坑口が、傍らで馬蹄型の不気味な大穴をぱっくりとあけて
http://17.pro.tok2.com/~vems/50/089%20taishakusan-2/taishakusan.html
昔、山に興味のない頃に二回、水晶を拾いに行った帝釈鉱山跡に行ってみるが、40分程探しても水晶は見付からず、沢山あった金色に輝く黄銅鉱も見付からない、諦めて山歩きに切替える。 丹生山への林道を車で上がって行くと、くさ
http://bucch.web.fc2.com/02011.html
の後、帝釈山に向かいました。帝釈山頂を過ぎたころから雨がひどくなってきたので、帝釈山東の分岐で鉱山跡方面にガレ場を下山することにしました。 途中、鉱山跡に立ち寄りました。廃鉱になった坑口があります。文献に
http://shibac.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-f927.html
【兵庫県神戸市・丹生山(515m)、帝釈山(586m)・09年8月23日】 来週の「かっとび伊吹」の練習のために、裏六甲へ。車の都合がつかなかったので、チャリンコで登山口まで。気持ちよい汗を流すことができた。(写真は携帯電話)
http://mtchari1.easter.ne.jp/0402shiroyama.htm
,MTBではその脇をすり抜けることができるので,バイクでも行けちゃうかも。林道は帝釈鉱山跡経由で帝釈山へ登るルートなので,利用する人が多いようです。この日も,1人のハイカーに遭遇。この林道はほとんど勾配がないので
http://blogs.yahoo.co.jp/otakeba_ba0707/16627639.html
ここまでは鉱山への荷車道が通じていたのだろう やがて表参道(裏山道は途中で表参道に合流して一本になって下ってくる)との分岐で合流
http://www.hcn.zaq.ne.jp/analyst/aruki-16-2-11.htm
しばらく歩くと丹生山系縦走路に合流しました。こんどは縦走路を歩きます。急坂を登り帝釈山山頂(586m)へ12時42分の到着。前方に六甲山から明石方面への眺望がありますが海はかすんで見えません。 しばし休憩後今度は
http://unpo.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-e9af.html
帝釈山に鉱山跡が有る、昭和30年代まで銅鉱石を採掘していたらしい、面白そうなので鉱山跡を見物して帝釈山に登ることにした。 丹生山麓の坂本の集落近くに車を止めて丹生山参道を登ると道が左右に分岐する、地図で位置を
帝釈鉱山 関連ワード
  • すぐ
  • シビレ山
  • バス
  • 丹生山系
  • 丹生神社前
  • 企画
  • 分岐
  • 帝釈鉱山跡
  • 林道
  • 行く
  • 谷駅