吉野鉱山

吉野鉱山(よしのこうざん)は山形県南陽市(旧・吉野村)にあった鉱山。

江戸時代以前から金、銀、鉛、亜鉛、重晶石、石膏が採掘された。戦前は小規模な鉱区が各々操業していた。このうち、吉野石膏山(吉野石膏採掘所)において、石膏を採掘・精製していた業者が明治年間(1901年ごろ)に後の吉野石膏を創業。その後アメリカで開発された石膏ボードの生産と普及に努めたことによって全国的に知名度が高まった(吉野石膏山そのものの休廃止時期は不明)。

戦後、日本鉱業が鉱区を統合し操業するも、河川の酸性化、カドミウムの流出などの鉱毒問題が発生、1974年に閉山。

現在も坑廃水処理場が中和作業を実施している。

石膏採掘地跡地が吉野石膏の森として整備されている。

物件は管理されており、無断侵入や破壊・損壊行為、物品の持ち出し等は法的に禁じられています。航空写真・ストリートビューからの鑑賞を強く推奨します。また周辺地域を訪問される場合でも、公道上から外見のみを見学し、地域の方々に迷惑となる行為は強く慎まれるようお願い致します。情報は最新の状態を反映しているとは限らず、リニューアル・再生されている場合もあります。当サイトの情報は物件の歴史的に一時的な状態を示しているのみです。また、不使用施設以外の味わい深い施設をおことわりの上紹介している場合がありますのでご注意下さい

吉野鉱山 住所

山形県南陽市荻

吉野鉱山 種類

廃鉱・採石場跡

吉野鉱山 画像

吉野鉱山

吉野鉱山 写真・ブログ・リポート

吉野石膏の森へ(吉野鉱山)|地球のかけらを探しに行こう☆彡
https://ameblo.jp/drive-color/entry-12194551071.html
今日は山形県南陽市の吉野石膏の森へ行ってきました。ここは南陽市と吉野石膏が植林している森で、森の公園のような感じになっています。平成20年と立ち上げた年数はまだ浅いようですが、ゆっくりと着々に公園を作っていらっしゃるのでしょうか。国道348から南陽市に抜ける5
吉野鉱山(山形県南陽市)
http://www.ja7fyg.sakura.ne.jp/kouzan/yosino/yosino.html
吉野鉱山(山形県南陽市)山形県南陽市酒町、荻、居残沢、赤山(黒鉱鉱床)山形県上山市の西方にあり、昔から近辺の荻地区で金を採掘していました。吉野鉱山は江戸時代以前より、金、銀、銅・鉛・亜鉛、重晶石、石膏を採掘していた小規模な鉱区が群生していた、吉野石膏山で明治3
戦後の南陽市 吉野鉱山編
http://nanyo-jiriki.okitama.org/weblog/history-yoshinokouzan/
参考:吉野鉱山(山形県南陽市)吉野鉱山は、現在採掘をやめ鉱害防止の為、大きな池で中和処理を行っています。沈殿池は大きく消石灰で白くなっていて、池の中に消石灰及び廃坑よりの排水を送るパイプが走っているのがわかります。熊が出る地域ということで、見学の際は要注意クマ
南陽市吉野鉱山史跡散策 ( 山形県 ) - 山形の山や自然を写真で紹介 - Yahoo!ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/kasiwagurajn7vtv/27573050.html
更に,南下すると吉野鉱山とゆう会社が右手にあります。以前,鉱山廃坑からカドミュウムが流れ出したため,今は石灰をまいて中和している会社だそうです。そこから,1キロほど下って行くと源蔵そばとゆう有名なソバ屋さんがありますので,そこから右奥に入って行くと水林集落方面
吉野鉱山
http://www4.dewa.or.jp/yoshichu/sakuhin/sakuhin99/kouzan.htm
吉野に埋まっていた宝吉野鉱山は古くから採掘された。江戸期、大正、昭和初期12年前後の盛期をやまに盛衰を繰り返してきた。特に、昭和30年(1955)から40年代までがピーク。銅を主に金、銀、鉛、亜鉛、硫化鉄、重唱石(じゅうしょうせき)など最盛期には、月12000