千葉県 軍事施設・戦争遺構 廃墟一覧

震洋隊守谷特攻基地所属鵜原火薬庫
鵜原火薬庫
鵜原火薬庫は千葉県勝浦市にある旧軍施設跡。正式名称「震洋隊守谷特攻基地所属鵜原火薬庫」。「山中に眠る火薬庫」「山中の火薬庫」「旧軍火薬庫廃墟」等としてしばし...
二つの時代の軍事遺構が重なる
富津試験場
富津試験場(陸軍兵器行政本部第一陸軍技術研究所富津試験場)は千葉県富津市にある旧軍遺構。 1881(明治14)年、元洲砲台起工。1895(明治28)年には東京湾要塞司令...
洲崎第二砲台
洲崎第二砲台は千葉県館山市にある戦争遺構。東京湾要塞の一環として建築された。 1924(大正13)年10月起工、1925(大正14)年9月備砲据付、1927(昭和2)年3月竣工。...
第一海堡(東京湾要塞)
第一海堡は東京湾周辺の防衛を目的に設置された要塞・東京湾要塞の一部として建設された人工島。 東京湾入口の最挟部である富津岬から観音崎を結ぶように複数の海堡が...
赤山地下壕
館山海軍航空隊赤山地下壕跡は、千葉県館山市にある地下壕跡。館山市指定史跡。 全長約1.6キロメートルあり、全国的に見ても大きな壕である。太平洋戦争末期に建設され...
煉瓦造の炊事場や飛行特技訓練プールが残る
館山海軍砲術学校
館山海軍砲術学校は千葉県館山市にある戦争遺構。 海軍砲術学校は、1893(明治26)年、士官に対する砲術教育の場として横須賀に「砲術練習所」を設置したのが始まり。1...
香取航空基地
香取航空基地(海軍香取航空基地)は旧・匝瑳郡椿海村(現・千葉県匝瑳市)と同郡共和村(現・千葉県旭市)にまたがり建設された大日本帝国海軍の航空基地(軍用飛行場...
館山海軍航空隊掩体壕
館山海軍航空隊掩体壕は千葉県館山市にある戦争遺構。 館山海軍航空隊は、海軍5番目の航空隊として1930(昭和5)年に開設。現在の館山市沼から香にかけての地区に多く...
陸軍佐倉連隊兵営跡
陸軍佐倉連隊兵営跡は、千葉県佐倉市城内町にある戦争遺構。 当地には元々佐倉城が置かれていたが、明治維新後に廃城令により建物のほとんどが撤去され、1884(明治17...
洲ノ崎海軍航空隊射撃場(館山市大賀)
洲ノ崎海軍航空隊射撃場は千葉県館山市の大賀地区にあった試射場。戦闘機の機銃調整の試射を行っていた施設である。 洲ノ崎海軍航空隊は全国で唯一の兵器整備練習航空...
茂原掩体壕群
茂原掩体壕群は、千葉県茂原市本にある掩体壕群。 米軍の航空機からの攻撃を避けるための航空機倉庫であった。太平洋戦争中に海軍第二五二航空隊(茂原海軍航空隊)に...
桜花基地(下滝田基地、南房総市)
千葉県南房総市にある「桜花(おうか)」滑走路跡。 桜花は日本海軍が太平洋戦争中の1944年(昭和19年)に開発した航空機(特攻兵器)で、1945年(昭和20年)から実戦...
大房岬要塞
大房岬要塞は千葉県南房総市にある要塞跡。 砲台・弾薬庫・観測所・発電所・探照灯(サーチライト)・探照灯格納庫などの跡が残る。 南房総市富浦町の指定文化財とな...
花壇になった砲台跡
洲崎第一砲台
洲崎第一砲台は千葉県館山市にある戦争遺構。東京湾要塞の一環として建築された。 1928(昭和3)年9月起工、1931(昭和6)年11月備砲工事竣工、1932(昭和7)年10月竣...
鉄道連隊演習線訓練用トンネル
鉄道連隊演習線訓練用トンネルは千葉県千葉市中央区にある旧陸軍遺構。千葉公園公園管理事務所そばの国道16号線沿いにある関係者駐車場に位置する。 鉄道連隊演習線は...
大網防空砲台
洲ノ埼海軍航空隊の会計課が疎開したという建物。事務所として使用したのか。 大網防空砲台は千葉県館山市にあった旧海軍砲台。4門の高射砲などがおかれていたという。...
陸軍鉄道連隊架橋演習用橋脚
陸軍鉄道連隊架橋演習用橋脚は千葉県千葉市中央区の戦争遺構。 千葉公園内に位置し、コンクリートの橋脚が残っている。 土地の高低差を利用して、高台の縁辺に低い橋...
鉄道連隊材料廠
鉄道連隊材料廠は千葉県千葉市稲毛区にある旧陸軍遺構。千葉経済学園内に位置する。 1908(明治41)年に旧陸軍鉄道連隊の材料廠として建築された煉瓦平屋建築で、列車...
柏陸軍飛行場掩体壕群
柏陸軍飛行場掩体壕群は千葉県柏市にあった柏陸軍飛行場の遺構。 柏陸軍飛行場は1938(昭和13)年11月に開設。 立川飛行場から飛行第5戦隊の部隊本部が転営し、1939(...
海軍無線電信所船橋送信所
海軍無線電信所船橋送信所(かいぐんむせんでんしんじょふなばしそうしんじょ)は現在の千葉県船橋市行田にあった無線電信所である。地元民からは行田無線・行田の無線...
陸軍太田山対空砲台
陸軍太田山対空砲台は千葉県木更津市の太田山にあった旧軍の対空砲台陣地。 太田山山中の地下弾薬庫があり、太田山山頂の砲台までエレベータが通じていたという。 県...
第二海軍航空廠防音運転場
第二海軍航空廠防音運転場は千葉県木更津市にある戦争遺構。 海軍航空廠とは、海軍航空隊で用いられる軍用機の製造、保管、修理などを行なっていた部門で、1941(昭和1...
木更津海軍航空隊の掩体壕
木更津海軍航空隊は千葉県木更津市に設置された日本海軍の部隊の一つ。 1936(昭和11)年4月1日開隊。鹿屋海軍航空隊と同時に開かれた日本初の陸上攻撃機部隊として、...
沖ノ島の戦争遺跡
千葉県館山市の沖ノ島には、地下壕などの戦争遺跡が残っている。
佐貫地下工場(海軍第二工廠)
佐貫地下工場(海軍第二工廠)は、千葉県富津市にある戦争遺構。 木更津第二海軍航空廠八重原工場の疎開工場として、1944(昭和19)年11月頃から掘削された。総延長約9...
128高地戦闘指揮所
128高地戦闘指揮所は、千葉県館山市にある地下壕。 太平洋戦争末期、館山への敵上陸を阻止するための抵抗拠点として「洲ノ埼海軍航空隊空」敷地内に建設された。 壕内...
高井ヶ谷砲台
高井ヶ谷砲台(たかいがやつほうだい)は千葉県南房総市(旧・三好村山名地区)にあった旧軍施設。 太平洋戦争末期の1944(昭和19)年に、連合軍の上陸阻止を目的に建...
茂原海軍航空隊 長尾地下壕
茂原海軍航空隊長尾地下壕は千葉県茂原市にある旧海軍施設。 兵員の宿舎壕とも司令部壕とも言われる。 ここから茂原海軍航空隊基地までトロッコ線路が引かれていたら...
秋水燃料庫(柏市)
秋水燃料庫は千葉県柏市の軍事遺構。 同地には1938(昭和13)年11月に柏陸軍飛行場が開設された。 飛行場周辺の東側隣接地に、ドイツの戦闘機メッサーシュミットの資...
日立航空機大網地下工場跡
日立航空機大網地下工場跡は、千葉県山武郡大網白里町にある戦争遺構。 第二次大戦末期、戦局の悪化に伴い、日立航空機千葉工場の疎開工場として建設され、海軍零式戦...
松戸陸軍飛行場
松戸陸軍飛行場は現在の千葉県松戸市にあった飛行場。 1940(昭和15)年3月に民間の操縦士や整備員を養成する目的で設立された逓信省中央航空機乗員養成所(松戸航空機...
支那囲壁砲台
支那囲壁砲台(しないへきほうだい)は千葉県習志野市にある戦争遺跡。「一望千里」と呼ばれた習志野原に位置する。 演習用に中国の家屋を模して作られた砲台のミニチ...
茂原海軍航空隊 腰当地下壕
茂原海軍航空隊 腰当地下壕は、千葉県茂原市腰当に残る地下壕。 病院壕であったという。 光福寺裏側に壕口がある。一部が水没しているらしい。
上田中坑道陣地
上田中坑道陣地は千葉県東金市にある戦争遺構。上田中は「かみたなか」と読む。 太平洋戦争終盤、本土決戦を想定して作られたという。 法光寺境内にあり、墓地裏山に...
藤ヶ谷陸軍飛行場
藤ヶ谷陸軍飛行場は現在の千葉県柏市から鎌ケ谷市にあった旧軍施設。 1932年武蔵野カントリークラブ「藤ヶ谷コース」として開発され、東洋一のゴルフ場と言われたが、1...
洲崎弾薬支庫
洲崎弾薬支庫は千葉県館山市にあった旧軍施設。 洲崎第二砲台跡より約100m奥の山腹に位置する。1927(昭和2)年3月完成。
布良陣地
布良陣地は千葉県館山市にある戦争遺構。 館山野鳥の森の中に位置し、本土決戦に備えて造られた壕やタコツボなどが残っている。

ピックアップ廃墟